スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事とFC岐阜

FC岐阜への支援を通して多くの出会いや多くの学びを得ました。また、郷土・岐阜について深く考える機会も持つようになりました。

特に印象深いのは、ちょうど愛媛FCがJリーグに上がった年(2006年)の夏頃に『アイモクの井上社長』と知り合ったことです。当時FC岐阜は東海社会人リーグ(Jリーグの二つ下のカテゴリー)に所属していました。

井上社長は愛媛県の同業者(材木屋)です。
仕事の話が一段落したところで僕が「愛媛FCがJリーグに上がりましたが、松山は盛り上がっていますか?」と尋ねると、
「サッカー、好きなんですか?」と井上社長。
僕が「FC岐阜というJリーグを目指しているチームを支援しています。」と答えたところ、
しばらくの間をおいて、井上社長が
「愛媛FCは僕のチームだと思っています。…冗談ですけどね。でも愛媛FCがJリーグに上がったのは『僕のチカラ』があったからだと思っています。」と

驚きました。

「自分が松山JC(青年会議所)の理事長を務めていた時に、愛媛にJリーグチームを…という機運が盛り上がった。」、「何人かの選手を自分の会社で雇い、Jリーグ昇格までチームのホームページは自分が作った。スポンサーや資金集めに走り回った。」、「必死だった…。」…

最後に井上社長は
「JFL(Jリーグの一つ下のカテゴリー)までですよ、自分のチームだと思えるのは。Jリーグチームは事業規模が違う。Jリーグ入りが決まると、支援する企業の規模も数も違う。スタッフもプロが集まってくる。選手も入れ替わる。ある意味、淋しいですよ。」

「愛媛県の東予、中予、南予の三地域が何かのプロジェクトについて、まとまることが難しかった。しかし愛媛FCは地域の垣根を越え愛媛県一丸となって支援されている。これはスゴイことです。」

「それだけのもの(愛媛FC)を自分は作ったんだという自信が、木材産業に新たな事業を起こそうとしている現在の自分を支えている。岐阜にも地域を変えるようなJリーグチームを作って下さい。」
と結びました。

井上社長との出会いが自分を支えてきたことは間違いありません。
サッカーチームを支援することだけでなく、地域の活性化、事業拡大をライフワークとする井上社長を魅力的な人間だと思いました。


スポンサーサイト
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。