スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛校心」

「愛校心がある。」とか、「野球部や高校好きだなあ」と言われる事があります。
高校時代は坊主頭の高校球児でした。今でも母校野球部の応援に球場や母校へ脚を運びます。今年の夏もベスト8をかけた4回戦で敗れるまでの3試合のうち2試合(母校は2回戦からの登場)を観戦しました。高校時代からの品性のない行いのせいか、口が災いしてなのか理由は定かではありませんが、貢献度の割りに母校野球部のOB会の役員に推されたこともないのに、OB会役員以上に練習・試合に顔を出します。
そんな様子から「愛校心がある。」と言われるのでしょうが、少し違う気がします。

かつて夏の甲子園で準優勝をしたこともある母校野球部ですが、30年以上甲子園にはご無沙汰です。その間、夏の岐阜県予選決勝まで勝ち進み、あと一つで甲子園という年もありましたし、岐阜県代表として東海大会に進み春の選抜の候補に挙げられたこともありましたが、甲子園大会には出場していません。今や古豪です。

OB会では、OBからは「今年こそ甲子園に・・・。」とか期待感をこめた激励の言葉のオンパレードですが、私は母校野球部が甲子園に行けるとは思いません。後輩が甲子園に出場したならば確かに嬉しいですが、現実感がないのです。岐阜県代表として甲子園に出場するとは、県立岐阜商業や大垣日大高校に勝つということを意味します。そのためには県立岐阜商業や大垣日大高校に勝てる力量を身につけるだけの練習をすることが必須です。しかし現在の母校野球部には、その姿はありません。野球と同じくらい勉強や学園生活にも力を注いでいます。練習よりも塾・予備校、文化祭の準備などを優先する者もいます。だからと言って、それを非難するつもりもありません。今日の後輩にとってのプライオリティが私たちの時代とは違うのですから。ただし、中途半端な練習で「甲子園を目指しています。」と言うことは許せません。甲子園に行くための練習をしていないのですから、それはウソです。「野球が好きです。」それだけで充分です。

私の高校時代は勉強や学園生活を犠牲にして野球だけに取り組みました。野球部以外の同級生との交流も少なかったように思います。「一般的に東大に合格する者は圧倒的な量の勉強をしている。野球について言えば、県立岐阜商業や中京(当時は中京が強かった。)の生徒に比べたら能力で劣るのだから、その分を練習量で補え!質より量だ。」との指導者の教えの下、進学校では考えられない練習時間の長さでした。

自らの考えやノスタルジアを現役の後輩部員に押し付けることは間違っていると思います。それでも価値観が違う彼らを応援・支援するのは、目標は違えど自分が白球を追いかけた同じ場所で高校時代を送っているものを支えるのが務めだと考えるからです。

これは歪んだ「愛校心」かも知れません。





スポンサーサイト
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。