スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者研修会

本庄工業では毎月業者研修会を開催しています。
今日は最初に岐阜市内の住宅新築工事現場のパトロール。現場では安全対策についての点検がメインのはずが、専門業者の職人さん同士が顔を合わすと技術的な意見交換に流れていくのが興味深い。

弊社の建物は外周に出入りが多い不規則な形のものが多い。もちろん四角形をベースにはしていますが・・・。
すると、外部足場の組み方も複雑になっていきます。下屋があるのは当然で、足場のスパンが飛んでいたり、出入り隅の空間(専門的です)が生じやすく通常の安全対策が取れないケースが出てきます。
マッチ箱のような住宅の足場を組むよりも、はるかに高い技術的難易度が求められます。現場のパトロールで、足場屋さんには多くの要望が浴びせられます。
ですから弊社の足場屋さんはレベルが高くないと務まりません。

現場パトロールのやり方は、全建総連会館の会議室に集合し前回の反省・改善を確認した後、複数のグループを作り、それぞれ現場に出かけます。現場では、はじめにチェックシートに従い各人で見回ります。その後、写真のように集合して、意見を出し合い改善箇所を特定し対策を立てます。再度、全建総連会館の会議室に戻り発表するわけですが、危険度が重大だという指摘がされた時には早急に改善をし、出席者に改善報告をすることになっています。
 
縺薙l_convert_20100913205217


今日は辻安全サービスセンターの辻先生の指導の下、リスクアセスメント意識を高める研修を取り入れ充実した内容の業者研修会でした。貴重な時間を割いて参加していただいているので、内容が良かったと感じるとホッとします。反対の場合は申し訳なく思います。

また、業者研修会を全建総連会館で開催しているのは弊社から近いことよりも『一人親方の労災特別加入』漏れをなくすことが理由にあります。「親方は労働者ではない。」のです。『一人親方の労災特別加入』の手続きをしていないと、親方の現場での事故は労災適用外となります。全建総連は、その窓口です。(ヨイショ!)

一生懸命働くことや良い腕をしていることと、適法であることは別物だという情報を関係者に知らしめることも、
我々本庄工業の責務だと考えています。


スポンサーサイト
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。