スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅田高志がやってくる  2

梅田高志は大分のバンディエラになるはずでした。
バンディエラとは、スポーツの世界で一つのチームに長く所属し選手として現役時代だけでなく、引退後もそのチームを象徴する存在する選手のことです。

FC岐阜がJリーグに昇格を決めた後、いてもたってもいられなかった彼は前年のシーズンオフに大分のフロントに岐阜への移籍を申し出たのです。しかし彼の契約年棒をFC岐阜が負担することができず話が頓挫しかかった時に、大分の当時の社長・溝畑氏に「給料はタダでもいいから岐阜でやりたい。」と梅田が直訴したことと、それを受けた溝畑氏が「梅田は功労者である。退職金だと思って大分の負担でレンタル移籍をさせよう。」と、英断を下したことで、FC岐阜・梅田高志が実現しました。
梅田高志が岐阜でのプレーにこだわったのは、FC岐阜発足当初・岐阜県リーグや東海リーグに所属している頃にもシーズンオフに帰郷すると、FC岐阜の練習に参加し、かつての仲間達と旧交を温めていたからだと思われます。

そして彼は2008シーズン、FC岐阜の主力選手として大活躍しました。

また、2008シーズンに大分はクラブ発足以来初めてJリーグの頂点を極めました。Jリーグカップ戦・『ナビスコカップ』で優勝し、J1リーグでは年間成績4位という結果を残し栄華を極めました。しかし、その場を梅田高志は経験していません。
これから先、大分トリニータの歴史を語る上で外れることが決してない2008シーズンのメンバーに梅田高志の名前はありません。もちろん優勝記念写真にも姿はありません。

2008シーズン終了後、FC岐阜はチームの若返りの方針の下、選手を大量解雇しました。技量うんぬんでなく、若い選手と経験がない選手による新しいチームに転換することを決めました。それまでの岐阜を葬り去るものでした。
梅田高志も契約更新されることなく、レンタル終了という形で大分に返されました。
FC岐阜に『岐阜枠』、『地元枠』は存在しなかったのです。

梅田高志は
「FC岐阜のこと、よろしくお願いします。」と、言葉を残して大分に帰りました。
FC岐阜での一年間は如何なるものだったのかを聞いてみたかったけれど聞けませんでした。

翌年、2009シーズンの大分は外国人選手の離脱や主力にケガ人が続出という戦力面の問題、シーズン開幕直前にJリーグカップ戦優勝チームが招待され参加する国際大会で米大陸遠征をするというスケジュールからコンディション調整に失敗したこと、更にはホームグラウンドの芝生の不良が重なり、開幕ダッシュに失敗したことが尾を引き敗戦を重ね、早々にJ2への陥落が決まりました。
悪いことはそれだけでなく財務破綻の実態が明らかとなり、それまでチームを牽引してきた溝畑氏が社長を解任される事態にまで発展しました。
まさに『天国から地獄へ』です。しかし、梅田高志は『天国』を経験していません。
2008シーズン、梅田高志は大分に残っていたならば大分の歴史をすべて経験し、間違いなくバンディエラになれたでしょう。

大分の一番良い時期だけを知らずに梅田高志は今年も大分でプレーをしています。今シーズン開幕を前に、彼からもらったメールには『今年もサッカーを続けることができました。僕は幸せです。』と、ありました。
西濃運輸サッカー部が廃部となり、どんな気持ちで九州に渡ったのだろう?そして、FC岐阜がJリーグに昇格し・・・。再び、大分に戻り・・・。
言いたいことは山ほどあるだろうに、すべて飲みこみサッカーに打ち込む彼の姿には胸が痛みます。
梅田高志を見ていて、スポーツマンの爽やかさは哀愁と表裏一体なのだと思いました。

23日、長良川メドウに、『岐阜のサッカー』に翻弄された
岐阜のJリーガー・梅田高志がやってきます。

翻って、梅田が所属する大分と対戦するFC岐阜には
岐阜のサッカーチームとしてのアイデンティティは存在するのだろうか?
岐阜にあるJリーグチーム・FC岐阜は『岐阜のサッカー』を象徴するものを持っているだろうか?
地域貢献活動による地域との連携などは表層的なものであり、その場限りの交流で終わっていては地域の生活に定着したものではありません。
『人』です。選手やスタッフとして岐阜にサッカーをやりにきた人は、いつか岐阜を離れます。岐阜に定着し,
岐阜弁を話し、岐阜の人と交わる人を作らない限り、地域の生活と密接なクラブにはなりえません。

23日は、FC岐阜の選手・スタッフが梅田高志と対峙した時に、『岐阜のサッカー』を主張できるものを持ち合わせているか見てみたいものです。


スポンサーサイト
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。