スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順位予想

プロ野球の開幕を控えて、今年も順位予想をしてみました。
まず、パリーグ。
1.ソフトバンク
2.西武
3.楽天
4.日本ハム
5.オリックス
6.ロッテ
1と2の上位2チームと、3位以下には大きな差ができることと、3、4,5位は混戦で、ロッテの最下位が早い時期にはっきりすると予想しています。
世間が(マスコミの報道がというのが正しいかもしれませんが)WBCに集中する中、私はスポーツ紙でオープン戦の記事に注目していました。
ソフトバンクと西武の両チームに共通するのは投手陣を中心とした選手層の厚さと若手選手の台頭による世代交代の新陳代謝が盛んなことです。
また、両チームには注目の若手内野手がいます。今宮(ソフトバンク)と金子(西武)の二人です。きっとシーズン中に名前を聞く機会が増えると思います。
3位に予想した楽天は、選手の成長と新人選手、外国人選手の活躍が見込まれプラス要素が多いことが挙げられます。
4位の日本ハムは逆にマイナス要素が目立ちます。吉井投手コーチの退団と栗山『優等生』監督のカラーが全面にでたスタッフの構成で成功するプロ野球では・・・との思いを感じるからです。選手では日本人離れした身体能力の糸井外野手が移籍したことが大きなマイナスです。どの打順に糸井がいても相手には脅威です。ただ、代わりに大引内野手を引き入れたことは、内野手の層の薄さを自覚している選手構成の強かさを感じました。
5位のオリックス。前述の糸井の加入により、打線の核ができました。また若手投手陣の成長が順調なら3位も可能だと思うのです。
最下位ロッテ。選手の能力だけなら上位に入っても当然なのですが、フロントスタッフ人事の迷走ぶりに、チームをどこに持って行きたいのかが見えてきません。

次はセリーグ。
1.巨人
2.中日
3.ヤクルト
4.阪神
5.DeNA
6.広島
巨人は独走でしょう。過去最短での優勝を決めてもおかしくないほど戦力が充実しています。唯一の不安要素はエース・内海。しかし彼が不調でも間違いなく優勝すると思われます。10勝以上挙げる投手が不在でもシーズンを楽に乗り切れるほど、選手層は厚く磐石でしょう。
2位から最下位までは、どう転んでも不思議ではありません。
期待をこめて中日を2位に。
3位ヤクルトは戦力的には中日より上だと思いますが・・・。
4位阪神。福留がチームに馴染み、選手の若返りがうまくいけば2位も可能でしょう。
5位DeNAは外国人新戦力の活躍と若手の台頭がマッチして補完し合えば、阪神同様2位までは見えてきます。
最下位に広島を予想したのは、主力選手に怪我人が続出で、去年までとはレギュラーメンバーの顔ぶれがガラッと変わることが明らかだからです。しかし、フレッシュな選手の活躍によっては上位も可能ですし、出場機会が増えることで成長する可能性がある選手が多いことは魅力に思えます。

今年は素直に予想してみました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。