スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀愁の高校野球

春の選抜高校野球で準優勝をした愛媛県済美高校の安楽投手が連日の登板で投げた球数が
700球を超え、プロ注目の超高校生級の安楽投手も決勝では打ち込まれた様子から、成長期の高校生に過酷な連投を強いることの是非について議論が起こっています。
投手の連投を象徴とする選手起用について、チームの監督に委ねられている現状から、主催者(高野連、朝日・毎日新聞)が投球数などの制限を設けるなどして、選手の故障を防止すべきであるとの意見があります。
またそれに対して、当事者の意思の意思を尊重し、具体的数値による規制をすべきではないとの意見もあります。

高校野球とは、『興行である。』と正直に認めない限りは、答が出てこないと思います。
日本国民・観客はプロ野球には最高のプレーを求め、一方高校野球に求めるのは情緒的なモノです。また、選手の場合はプロ野球では契約に基づいてプレーするものであり、高校野球は自己実現です。自己実現とは憧れの甲子園球場でのプレーであったり、3年間と限られた高校生活での野球であったり、幼い頃から形成された精神世界での野球です。
プロ野球の価値は競技としての野球の本質に近いものでありながらも、高校野球は精神的付加価値に偏重したものです。
高校野球の魅力とは、一生懸命・純真・郷土愛・無償・悲壮感などのキーワードに集約できる情緒・感情の精神世界ですから、合理的な発想は高校野球と馴染みません。

また選手(高校生)の保護についてのガイドライン制定に主催者(高野連、朝日・毎日新聞)が消極的なことには理由があります。
高校野球の魅力を引き下げることに繋がるからです。
トーナメント方式の高校野球の大会概要に手を入れることや、投球数などを制限するルールの設定は、厚い選手層を形成できる環境にある有力校にばかり有利に働くことが明らかです。

高校野球とは、犠牲と憧憬の上に成り立つ美しい儚いスポーツです。

それを自覚しているとは思えませんが当事者である安楽投手が「高校野球とは、こういうもの。4連投でも150キロ・・・。」と、コメントしたことが全てを物語っています。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。