スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和良の田んぼ

弊社で電気工事をお願いしている池戸電気さんは郡上市和良の在住。
池戸さんからの依頼・紹介で『和良の田んぼ』のオーナーになりました。
と言っても、『田んぼ』、土地を購入したわけではありません。

『田んぼオーナー制度IN和良2013』に、一口申し込んだだけなのですが・・・。

DSC04229_convert_20130416144759.jpg


4反の田んぼを28組で管理するのですが、農業体験をしながら減農薬米のオーナーになれる仕組みに興味をもって申し込んだ次第です。
田植え・草取り、稲刈り、収穫祭の年4回の農業体験イベントが予定されています。その作業だけで米の生産ができるはずもなく、実際には専業農家の方に日常の世話を補ってもらうのです。

和良ならではの、とても面白いプロジェクトだと思います
「和良は郡上ではありません。」などと書くと批判されそうですが、長良川流域ではありません(飛騨川)し、江戸時代に天領であったように歴史的にも異なります。
江戸時代に献上米を生産した土地の『米』を観光・地域おこしの目玉とするのは、ストーリーとしても良くできています。
また、和良は『和良鮎』と猪や鹿のジビエという食材が高く評価される地域でもあります。
聞くところによると、フルボ酸の含有量が極めて高いとのことです。それが川の水苔やそれを食べる鮎に影響を与えていると・・・。
となると、田んぼの米もフルボ酸によって特別なモノになるのか・・・。
妄想が野山を駆け巡ります。

和良おこし協議会事務局』の活動には、頭が下がります。地域の宝物を掘り起こす作業に最も価値があると思うからです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。