スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国から尖閣に至るまで

『靖国神社参拝』を巡って、中国・韓国からの批判・抗議が高まっています。

例えば中国国内で尖閣諸島について、また韓国国内では竹島について、多少なりとも日本側に譲歩したような意見を述べることが許されることはないでしょう。
中国は一党独占ですから当然ですが、韓国においても領土や安全保障に関することについては、相手国に譲歩する姿勢を、たとえ野党であっても政治家が見せることは許されません。

しかし日本では違います。日本国内では、慎重さを求める意見もあります。
それを日本では自由な言論が保障されていることの表れだというのもピントがずれています。
侵略戦争に加担したとする戦犯も含む戦没者を祀っていることに問題があると言いますが、全ての戦争は侵略戦争であるのですから、それをもって批判することは間違いです。
戦争責任と戦没者を弔うことは別問題です。
日本国内の反応はと中国・韓国の両国の反応はレベルが違います。
今尚、中国・韓国の両国は、他国との戦争を持っているのです。軍事的緊張感が日本とは雲泥の差です。
ですから今回の靖国神社参拝報道によって、中国・韓国の両国は反日・嫌日感情を煽り、更に国威発揚に利用できます。
実のところ、閣僚や多数の国会議員による靖国神社参拝を中国・韓国の両国は歓迎しているのだと。

私は、首相による靖国神社公式参拝を実現すべきと考えます。
しかし、そのためには国内外の問題を処理する必要があります。
靖国参拝を『良いことするのは良いことだ。』というのは、子どもじみた独善性です。
時には、問題を先送りすること、避けて通ることに利がある場合があることを認めるべきです。
外交は『損得』です。徒に刺激したところで、誰に利があるのか。
首相による靖国神社公式参拝実現のために、今、成す事は何かを考えた対応を政府には期待します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。