スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラスの里イモ

「シラスの里、中霧島でこの春採れた『シラスの里イモ』をお送りします。・・・」
の手紙が添えられ、『高千穂さん』から里イモが送られてきました。

今度は『里いも』かと・・・。前回は米・『マグマシラス米』でした。
またしても驚かされましたが、『高千穂さん』の「シラス」へのコダワリが伝わってきます。
『高千穂さん』とは、弊社の住宅の内外装に採用することが多い左官材料のメーカー・高千穂シラス株式会社です。

鹿児島・宮崎のシラス台地、シラス土壌は水はけが良すぎて保水性も栄養分も少なく稲作には不向きであるとされてきましたが、そのデメリットよりもシラス土壌の可能性と、それにあえて挑んだ末の『米』でしたが、今回の里いもは元々サツマイモが特産であるところに里芋を持っていったわけですから、より大きな効果が見込まれるのではないかと思われます。

写真に赤い芽があるとおり、『赤芽』という品種だそうです。
普通の里芋よりも大きく、きめ細かくとろけるような食感が特徴とのことです。


闃祇convert_20130512145415

『シラスの里イモ』には、カリウムが多く含まれているとのこと。
霧島壁を開発したに止まらず、建材から農作物に至るまで、シラスの可能性を拡げる商品開発に懸ける『高千穂さん』の心意気を頼もしく思います。

健康食品やサプリメントに頼るのでなく、農作物から栄養を摂りたいものです。
カリウムのほかにガラクタンなる食物繊維のひとつも含まれていて、それは脳細胞を活性化させ老化やボケ防止に良いそうですから、私が物忘れをしている時には、『シラスの里イモ』を食べていないのだと理解してください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。