スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下・失速

大阪市議会での問責決議案は否決されましたが、このところの、従軍慰安婦から米軍風俗に至るまでの騒動とその対応に、「維新の会」への支持は、一気に下落していると思われます。
失言・舌禍の問題ではないと・・・。

中央に進出するとは、斯くも面倒なものかと思い知ったのではないでしょうか。
「ええやん」、「しょーもないこと言うな」との言葉で、露払いをして土俵に上がることを許さないのが、日本の首都・東京。関係先は世界ですから。
『旧・太陽』と一緒になることで、中央進出のライセンスを手にしたつもりになっていたのでしょう。

私は橋下徹を高く評価していました。根が不真面目な私ですから、政治信条・思想が一致すると評価していたのではありません。
戦略的かつ、思い切ったスタンスで切り込む姿勢と大衆からの高い支持を集める点と新自由主義といわれる政策を全面に出し方向性を露わにすることを素晴らしいと評価していたのです。
大阪をベースとすることで首都・東京に対しての地方都市が攻勢をかけるという浪花節的スタンスと、政局でなく政策重視で政治を進めるとするドライさが、今日的であると考えていたのです。

しかし今回ばかりは、ガッカリしてしまいました。
まず外国人記者クラブで、外国人特派員を前に原稿を手にして標準語で会見する姿にです。
私の血の何分の一かは、関西人の血が流れているのでしょう。
政権を意識することが、そうさせたのでしょうが、その余裕はないと思います。
次の選挙では、今までのように圧倒的大差で勝利を収めることは難しいからです。
大阪・関西人は、一気に冷めていると。
橋下徹の強みは、圧倒的な支持率です。
『大阪独立国』くらいの怪気炎で出直す必要があったのではないかと思うのです。

『維新』が、大阪から日本を冠にすることのリスクを理解するべきでした。
今までの支持者(特に関西の)は、アンチ・中央(東京)の意識が強いいわば大阪国粋主義者的要素があったはずです。
それを切り捨て、東京に進出して政権を取ることを目指すならば支持率は下がります。
失速止む無しと、どこを目指すのか・・・。

失速の現状を甘んじて受け入れ捲土重来と政策重視のスタンスに立ちかえることが必要だと考えます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。