スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二の『岐阜羽島駅』

中学校の修学旅行。集合場所は新幹線岐阜羽島駅の『大野伴睦の銅像』前でした。
開業当初から、政治駅の誹りを受ける岐阜羽島駅ですが、実のところ今日では利用者が多いという事実が知られていません。

名神高速岐阜羽島インターチェンジと駅が至近であることが大きな理由であるようです。
高山や白川郷をまわる観光客が新幹線からバスに乗り換えるのに都合がよいからです。
名古屋駅での乗り換えが大変だとは分かるでしょう。
また岐阜駅の場合は在来線しかありませんから、新幹線から在来線への乗り継ぎが支障になります。
その点、岐阜羽島駅は郊外に立地することもあり、バスなどが待機する場所を確保するのにも困りません。
新幹線駅と高速インターチェンジが近いことで移動時間の想定が容易になります。
開業当初から将来の周辺土地の開発による利便性の向上を予測していたのでしょう。

また岐阜羽島駅は商用利用も案外多いそうです。
公共交通機関は貧弱ですが、送迎には便利な点から利用されるようです。
また出張慣れしたビジネスマンは自分で岐阜羽島でレンタカーを調達し、岐阜県内だけでなく、木曾川を挟んで隣の一宮はもとより尾張一帯から桑名に至るまで、羽島を拠点に回るそうです。
目的地が都心でなく郊外である場合は、打ってつけなのでしょう。

これらの行動特性を利用したビジネスチャンスが、まだまだ潜んでいそうです。

阪急電鉄が、京都本線大山崎~長岡天神間で建設中の新駅「西山天王山」。高速道路と鉄道の連携が成される新たな試みであるというニュースを聞いて。
阪急電鉄の駅の上の京都縦貫自動車道路には高速バスの停留所が設置され、鉄道と高速バスの乗り継ぎが可能になります。
また、パーク&ライド用の駐車場も整備されるようです。
京阪神間の交通の利便性向上について広範囲に影響を与えるように思います。

このニュースの記者会見が、阪急電鉄と長岡京市によってなされたように、行政が積極的に交通インフラを整備することの可能性・インパクトの大きさを改めて感じました。

『岐阜羽島』以外にも、岐阜を大きく変える交通インフラの芽はないだろうかと考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。