スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅取得最適期は?

「いつ建てるのか?」、「今でしょ!」と、簡単に答える神経は持ち合わせていません。
住宅建設・購入に最適な時期はいつかとの問いに、万人向けの答えはありませんから。

消費税増税と金利上昇に煽られた駆け込み需要が発生していることは事実です。
住宅は生涯で最も高価な買い物ですから、消費税や金利が気になるのは尤もなことです。

私の結論は、こうです。
『なるべく早く住宅を取得するに越したことはありません。ただし消費税率アップによる負担増は左程大きくありませんから、資金的準備や資金計画の裏付けなく消費税をきっかけに決断するのでなく、返済が終わる時期が早いことを基準に考えるべきと。』

駆け込み需要が発生することで、増税後には住宅着工数が激減する反動も起きると予想されます。そこで住宅政策は経済政策として重要であり、急激な着工数の減少は、国としても望むことではありません。ですから2013年末で期限切れになる予定だった住宅ローン減税は延長されるだけでなく、『拡充』されることになりました。

充分な頭金もないままローンを組むことは、利息負担が増すばかりで長期的には『大損』です。
また、家族構成の変化も見据えた計画を多面的に検討するべきだと思います。
家賃相当分の返済を基準にするのでなく、教育資金の増加や収入見込みの変動などに対する余裕を見込んで。

私は、ある程度十分だと思われる自己資金を貯め、家族構成の変化などのライフスタイルの見通しができたタイミングで、決断することをお勧めします。
「消費税増税」の言葉に踊らされる愚は踏まないように・・・。
特に土地から…という方は、土地の取得には消費税は関係ありませんから。

かつて弊社の住宅のチラシに用いたコピーを思い出しました。

『どっしり、じっくり、しっかり・・・・』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。