スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田町通り

高校を卒業して予備校に通っていた頃、金宝町と神田町の交差点の東南角にあったレコードショップで、LPレコードを買った時のことを覚えています。
涼しげなLPレコードのジャケットを今も覚えていますが、そのLPレコード自体はどこかに・・・。

あまり表だった活動をすることがない、主にスタジオミュージシャンとして活動した、知る人ぞ知る的なミュージシャンの伊藤銀次のアルバムを購入したのです。
当時は『音楽』を入手することが現在のように簡単ではなく、擦り切れるほどではありませんが何度もレコードを聴いたものでした。
LPレコードに収められていたシングル発売されたわけでもない歌を今でも口ずさむことができます。
お気に入りは『そして誰のせいでもない』 ~ 車の影から街を見ながら・・・・(歌詞)

LPレコードを買って、名鉄・新岐阜駅の方へ歩いていくと右手・西側にメンズショップ・ハトヤがありました。メンズショップ・ハトヤと言えば、上田正樹です。岐阜高校を中退して、バンド活動のために大阪に出るまでアルバイトをしていた岐阜の老舗メンズブティック。
購入したLPの伊藤銀次も、元々は大阪で活動していたことが頭に浮かび、二人は旧知の間柄であったとしたなら、伊藤銀次のLPを持って上田正樹がアルバイトしていた店の前に立つ自分が中心に二人のビッグ・アーティストをつないでいると、根拠のない妄想をしたことを覚えています。
当時から妄想狂だったのです。

今でも神田町通りを車を走らせたり、歩いたりすると当時の記憶が甦ります。
レコードショップも、メンズショップも無くなってしまいましたが・・・。

神田町通りは『神田町通り』であり、長良橋通りではありません。
街のアイデンティティとは、斯くなるものです。
もしもテレビ番組の取材で上田正樹が岐阜を訪れ青春を語るときに
「『長良橋通り』にあったメンズショップハトヤで・・・」と、コメントしたならおかしいでしょう。

また、平和通りが金華橋通りと名付けられるようになったことに歴史的、文化的由来はありません。
戦前、凱旋通りと呼ばれた道路が平和通りに変わったことには説明が付きます。

岐阜の街のアイデンティティを安易に扱うことを残念に思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。