スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラエティ化

性懲りもなく、今日も『スポーツネタ』です。

今年のプロ野球・オールスターゲーム第二戦の三文芝居が、プロ野球がテレビで視聴率を稼げない理由を明きらかにしました。
大阪桐蔭高校出身の選手たちによる三文芝居のことです。

投手が阪神の藤浪。今年、高校を卒業して入団したばかりの新人にも関わらず先発ローテーションに定着し、オールスターゲームに選ばれました。
打者が日本ハムの中田翔。今や、パリーグのみならず日本球界を代表する打者。
先輩の中田に対して、新人の藤浪が山なりの超スローボールを投じたのです。それも二球つづけて。
それも二球目は、打者中田の背中越しのボールを。
それに打者の中田が激高した素ぶりを見せ、マウンドに歩み寄るも静止されるところから対戦が始まるという次第です。
投手も打者もニヤケた様子でしたから、真剣味がなく、当初から『やらせ』的に思われましたが、どうやらシナリオを描いた選手がいて、それが同じく大阪桐蔭出身の阪神・西岡であったと報じられると、興ざめを通り越し怒りすら覚えたのです。

内輪ネタの三文芝居と、オールスターゲームを同列に考える選手に価値はありません。
『実力のパ、人気のセ』と昔から言われる日本のプロ野球において、オールスターゲームは特別なイベントでした。
最近では交流戦が開催されることで、オールスターゲームの意味合いも変わってきたのでしょうが、それだけではないように思います。
かつてなら、三文芝居を窘める長老的存在の選手がいたのでしょうが、今や人間関係はフラットな横並びに。

清原と桑田のPL高校、同級生対決のようなオールスターゲームならではの対戦が懐かしく、美しく思い出されます。
横暴で悪党のイメージがある清原と、銭ゲバ・桑田。よっぽど彼らの方がグランドの中では価値があります。

娯楽としての要素をバラエティ番組と比較したとき、プロ野球よりも娯楽性は芸能人によるバラエティの方が高いので、プロ野球では視聴率が稼げないということになるのでしょう。
それともプロ野球はスポーツバラエティを目指すというのでしょうか。
すると、オールスターを『プロ野球バラエティゲーム』と改めると良いと思います。
バラエティの意味には、『変種、変化、多様性、それらが転じて寄せ集め』とありますが、オールスター選手でなく、『寄せ集め(『吹き溜まり』と言わないだけマシでしょう)』選手と自ら価値を貶めているのですから。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。