スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『聖地・浅中』

現在でこそ、J2にFC岐阜がありますが、長らく岐阜のサッカーを支えてきたのは西濃運輸サッカー部です。
西濃運輸サッカー部に関係者がFC岐阜の創設に関わった歴史があります。
西濃運輸サッカー部は、日本リーグ2部、ジャパンフットボールリーグに参加していましたが、1997年に廃部となりました。
その後、岐阜県内に社会人(1種)のトップレベルのチームはなくなり、岐阜工業などの強豪校を卒業した選手の受け皿となるチームがないことで、人材は流出していきました。

FC岐阜がJ2に参入したものの岐阜県全域からの支援を受けるには至っていません。
一つには試合会場が岐阜市の長良川競技場に限定されてきたことも理由の一つに挙げられますが、Jリーグの開催基準を満たすスタジアムが他にないのが実情です。
昨日、Jリーグ後期日程が発表されました。
会場や日時が未定となっていたところも全て決まっって発表されたのですが、驚くなかれ大垣の浅中陸上競技場での開催が・・・。
9月22日浅中開催のお知らせ

かつての西濃運輸のホーム、『聖地・浅中』です。
古くからのFC岐阜サポーターには、旧・西濃運輸サポーターも存在します。
彼らにとって、感慨も大きいことでしょう。
また、西濃地区のサッカー関係者、住民の方にFC岐阜、Jリーグの試合を見ていただく絶好の機会です。
これにより、岐阜県全域へのFC岐阜の浸透を期待します。
是非、満員での開催を成功させてほしいものです。

Jリーグは開催基準を緩和してはどうかと思います。
地方都市のJリーグクラブが、ホームタウン以外でJリーグの試合を開催することでサポーター・ファン層の拡大を図ることが見込まれるからです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。