スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の『ユニクロ論』

ユニクロは単なる『SPA(製造小売り)』事業を成功させたのではないと考えています。
正確に言うなら、『SPA(製造小売り)』のメリットを最大限に引き出したのだと。
それは品質や価格の競争を超越した価値観を創造したことです。
ユニクロが商品を『LifeWear(ライフウェア)』と名付けていることに気がついた時にひらめきました。
『ファッション』でなく、『ライフ』なのです。

従来、衣料はアパレル会社が(自社・外注の)工場に製造させた商品を店舗(販売店)に卸して販売する形式を採っていました。
『SPA(製造小売り)』は、商品の企画・開発、生産、物流、販売を手掛ける事業モデルは売れ残りの在庫リスクもある代わりに、生産から販売に至るまでの価格決定権を持つことで、大きな利益をもたらすモデルです。
ユニクロが成功例として挙げられますが、日本でも最近では多くの企業が採用しています。
にもかかわらず、ユニクロのような成功例が見られないのは、事業モデルの運用にとどまっているからだと思われます。
価格決定権を持ち、利益を最大化することが『SPA(製造小売り)』の目的であると考えられている中で、もちろんユニクロも、利益の最大化は図りましたが、更に別次元の視点をもっていました。

利益の最大化を可能にするのも、商品の企画・開発、生産、物流、販売における優先的立場があってのことです。
『ファッション』を壊滅させることで、衣料に関する利益の源泉を自らに集中させたのだと。
機能性の高い衣料に注力することで、季節要因を排除するだけでなく小ロット多品目の分野で争うことからも解放されました。
最近では真冬にウールのコートを着ている人がめっきり少なくなったことが良い例です。
発熱保温効果のある衣料によって、冬のシーズンに向け我々日本人が保有する衣料アイテムは少なくなりました。

『ファッション』という価値観を忘れさせる、商品群・『LifeWear(ライフウェア)』を届けることができるのが、『SPA(製造小売り)』の最大のメリットであるとし、実現したのがユニクロだと考えます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。