スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8人の全国大会

震災から半年後に女川町を訪れて以来、女川・石巻をベンチマークとしています。
伝わってくるニュースは様々です。

これほど興奮したニュースはありませんでした。
『部員8人の女川中学・女子バスケットボール部が東北大会で優勝し、8月22日開幕の全国大会に出場を決めた。』と。
5人で行われるバスケットボール、試合中のメンバーチェンジもギリギリの部員数のチームが全国大会に出場するとは並大抵のことではありません。
まして、女川町の惨状。今なお大変な状況に置かれていることを知る私は、ニュースを聞いたときは胸が詰まり言葉がありませんでした。
あの場所から、全国大会に出場することの困難さ、本来のメンバーはもっといたのではないか・・・。

聞けば、女川町はバスケットボールが盛んで、現在の3年生が小学校6年生の時にもミニバスケットの全国大会出場を決定していたそうです。ところが、震災が発生し全国大会への出場が取りやめになったことがあったと。
ですから今回の全国大会出場は2年越しの念願成就になります。

そして静岡県で開催されている全国大会。地域FM局『女川さいがいFM』は試合経過を伝えています。
昨日までに予選リーグを勝ち上がり、ベスト16の決勝トーナメントが今日から始まります。
多くの町民が彼女たちの活躍を楽しみにしているでしょう。

スポーツは地域の人の心に火を灯すのだと改めて理解しました。

【追記】
今日行われた決勝トーナメント。
『女川さいがいFM』のツイッターによると、地元からの父兄・関係者だけでなく、静岡近辺在住の女川町出身者、震災後女川町にボランティアに訪れたことで付き合いが生まれた静岡近辺の方などの多くの応援のなか、決勝トーナメントの試合が行われました。
近畿地区代表の京都・精華中に50対57で敗れましたが、戦評にあるよう素晴らしい内容だったようです。
彼女たちの奮闘に心から拍手を送りたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。