スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガンバレ、PL!』

今年の夏の高校野球選手権大会にPL学園は対外試合禁止処分により出場することができませんでした。
監督、部長は引責辞任、そこで来春の選抜大会の選考を兼ねた秋季大阪府大会に『監督不在』のまま出場したとのニュースを目にして・・・。

ある時期、PL学園野球部が高校野球の人気とレベル向上を牽引したことは間違いありません。
全国から野球エリートがPL野球部に集まり、また全国の強豪校は打倒・PLの下に強化を図った時代がありました。
そのPL野球部も新興校の躍進により、ここのところ甲子園出場さえ困難になってきています。
そこにきて不祥事の暴力事件。
普通の考えれば、一気に凋落のスピードは加速化するでしょう。

日本の野球界に多くの選手を輩出してきたPL野球部の名が表舞台から消えるのは残念なことだと思っていました。
そこに、秋季府大会に『監督不在』のまま出場したとのニュースを見て驚いたのですが、実際には学校長が監督を務められたというのです。
「年度途中で後任を決めることが難しく・・・」とのコメントがありましたが、野球経験がない校長自らが監督に就かれたことにPL野球部について深く考えている姿勢を感じました。

私は以下の意味があると思います。
校長自身が監督に就くことで、野球部について真摯に挑む姿勢が内外に伝わります。
生徒の動揺も沈静化するでしょう。
また今後のあり方は、強豪・PL野球部復活と野球部強化からの撤退のいずれの選択をするにせよ、現場に関わった校長の声に重みが生まれます。

学業では、全国から秀才が集まる灘高校のように、高校野球の頂点に立つべくPL野球部は存在してほしいと願います。
日本の野球界を牽引する目標を持ち、『ガンバレ、PL!』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。