スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下徹の出番

2020年のオリンピック開催地が東京に決まりました。
これが日本経済の復興の起爆剤になることを期待します。
資源もない極東の島国である我が国にとっては経済的強国であることが国際社会で最も存在意義を大きくすることだと考えます。
中国、韓国に領土問題で揺さ振りをかけられるのも日本経済が衰退したからです。

オリンピックの東京開催により、日本経済を再生させる最も大きな原動力は国民の高揚感・期待感だと思います。
前回の東京五輪も高度経済成長の幕開けとなりましたが、前回と比べ今回は「打ち上げ花火」単発で終わることを懸念します。
東京五輪から大阪万博に至る、戦後復興から高度経済成長に繋がる国民生活を大転換するような発展はなきにせよ、2020東京五輪だけでは経済的に『東』に偏在した形となるのではと・・・。
このままでは、投資・富が東京・首都圏に集中するように思います。

そこで橋下徹です。関西発の『二の矢』を期待します。
今のままでは『維新』も自然沈下、没落の一途ですから、堺屋太一の晩年を飾るような大見得を切った提案を。
関西人の血が流れる私は、東京開催に喜びながらもますます関西の地盤沈下が進むことを憂慮します。
『たかだか一ヶ月の開催期間の東京オリンピックよりも、〇〇〇やで~。』と、橋下徹にはハッパかけてほしいのです。

オリンピック特需は日本経済を牽引し、また内包するすべての問題の解決に寄与するものです。
オリンピックよりも、原発や震災復興を優先すべしとの意見には、安倍首相は原発事故収束の期限を7年後と明言したのですから、それは実現させるでしょうし、それを注視・監視するのみだと言いたい。
安倍首相の安全宣言の真贋を論うよりも、それが誘致の決定打となったのならばそれを評価すべきと考えます。
安全宣言に根拠があろうが、なかろうが、騙されたIOC委員がバカなのです。その程度の人間が決定権を持つのがオリンピックなのですから。
騙しあい、化かしあいには、日本の政治家のお家芸でしょう。

2020東京五輪も、まだ開催が決まったにすぎません。言わばスタートラインに立ったのと同じだと理解しています。
それを踏み台にするくらいの関西発の大きな提案を橋下徹・堺屋太一に期待します。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。