スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我らがドラゴンズ

来季の監督人事を巡って、様々な憶測が飛び交っています。
落合博満が再度監督に就任することはないでしょう。
高木守道を監督に据えたのは、『ドラゴンズ原理主義』なるOBスタッフによる生え抜き人事の方針によるものです。
成績不振に狼狽えて、すぐに方針を撤回するのは組織として体をなしていないことの現れです。

実際には『落合待望論』は存在しないと考えます。スポーツ記者は須らく『嫌・落合』ですから。
今回、落合が監督の候補者に挙げられたのも、実際には立浪推進を進めるためのアンチテーゼだと推測します。
「落合よりはマシだろう。」、「立浪の懸念材料に配慮しているうちに、落合が出てくるぞ。」・・・との雰囲気を醸成することが目的と。

高木監督の下、Bクラスに低迷した成績の原因までも『落合』だとする意見が飛び出してくる環境にこそ問題があります。
私は、高木監督をしっかりと評価すべきだと思います。
OBを優遇したスタッフ陣によってペナントレースを終えたのですから。
高木監督に求めたモノは、OBスタッフ陣の評価・査定であったのではないでしょうか。
監督の契約条項とミッションについて知りたいものです。
落合批判の矛先の一つが『若手選手育成』です。
しかし若手選手の育成が監督の契約条項にあるはずもないのに、それを求めるのは監督=全権監督であるとのステレオタイプの思考によるものです。

現場(チーム)が実現可能な営業戦略は唯一勝利であるという論理的思考の下、采配を振るった結果が『嫌・落合』論者を増やすという矛盾を面白く見ています。
スポーツビジネスとして、プロ野球団を論理的に考える人間が中日球団にはいないことは明らかです。
監督人事以前に、CIの発想がないことが、我らがドラゴンズの最大の悲劇だと思うのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。