スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GM・落合博満

中日ドラゴンズのGMに落合博満が、監督にはプレイングマネージャーとして谷繁が就任することが発表されました。
「名選手、名監督にあらず」の定説を覆した落合博満が、GMとして何を成し遂げるのだろうかと期待しています。
同時に、「『GM』とは何ぞや」の解を示してくれることも期待します。

かつて西武ライオンズの黄金時代を築き名監督の名を欲しいままにした広岡達郎が、後にロッテのGMに就任したものの、大した実績も残せなかった例からもGMの仕事は難しいのだろうと思っています。
と言うのも、『GM』の職務が明確にされていない点に問題があるのだと私は考えていますが。

落合が『GM』とは名ばかりの総監督であることはないでしょう。
『GM』について何年契約を落合と結び、契約内容に何が含まれるのかを見ることができたなら、はっきりしますが・・・。
いずれにしても、GM・落合博満は『GM』の職務を明らかにすることから始めるように思います。
監督の職務はチームを預かり、優勝または求められる成績を残すことでしょうが、『GM』はチームの強化だけではありません。
選手の査定、契約にも携わることになります。また球団組織にも関与します。
球団マネージメント全般についての職務と権限を与えられたなら、GM・落合博満は、何から手を付けるのだろうかと、勝手に想像するだけでワクワクする妄想狂の私です。
私の予想は、『不祥事撲滅』の対策から着手すると考えます。金銭・交遊などのトラブル対策です。最も生産性のない仕事を排除することであり、スキャンダルの芽を摘むことです。
それが『落合らしい』と思います。

過去の球団社長、GMと呼ばれる職責の人間が、最初に手を付けることがなかったようなことから、GM・落合博満は始めるのではないかと。
そして次には、組織的に後継者を創出する仕組み造りです。
球団を『会社』に変える仕事を、GMの究極の役割と位置付けて。

『勝った、負けた』を超越したものを、GM・落合博満に期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。