スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氏神様

今朝は町内の氏神様の幟を立ててきました。
一つの氏神様の世話を4つの町内で当番制にしていて、我が町内が当番になるのは4年に一回のことですから、幟を立てると言う単純な作業ながら、大のおとなが10人かかって小一時間要す作業となった次第です。
作業の後半には、他の町内の人もあらわれ・・・。

極めて単純な作業ですから、一般的な体力のある者が数人とマニュアルがあり指揮系統がしっかりしていれば、ものの10分ほどで片付くと思われます。
この類の行事が地域の生活の場から急激に減っています。
例えば、葬式。
今や自宅で通夜・告別式を執り行うことは稀です。
式の進行は葬儀社によりますし、また受付や手伝いの係も近所・町内の人間を必要とすることはありません。

同じ地域の中でも、最も小さなコミュニティの近所・町内の人と顔を合わして作業する機会など、殆んど失われました。
その意味において貴重な機会です。
単純な作業を共同ですれば、お互いの性格が分かります。
また高齢者が多く健康状態や近況の変化も。

仕事ではありませんから、この手の行事にマニュアルは必要ありません。
最も若い私ですら49歳の高齢地区です。
4年後に、「ああでもない、こうでもない」と今日と同じ意見を繰り返すことを願います。

幟を立てて、氏神様に願いました。
「4年後も同じ作業ができますように・・・」と。

20131014_091652_convert_20131014160242.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。