スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラモス監督

朝から「ラモス、来るのか?」、「ラモスが監督になるのか?」との電話を数本、もらいました。
スポニチの記事を目にしたことで、電話をかけてきたそうですから、「スポニチ、とってるの?」と聞くと、ネットで配信されたものを見てということでした。
ネットによってもたらされるようになった情報は大量で、その質についての吟味は受け手の側に委ねられているのだとも思った次第です。

FC岐阜を昔から支援しているからと言って、何でも知っていると思うのは間違いです。噂は入ってきていましたが・・・。

このニュースを聞いて、やっとFC岐阜もプロスポーツチームの仲間入りができたように感じたというのが私の感想です。
コトあるごとに「それはクラブの理念に合致しているのか?」との、潔癖症な優等生的意見が跋扈したのが去年までのFC岐阜。
現在のFC岐阜は、ビジネスライクな運営がなされていると思われますから、人事権や編成権と営業面でのバランスを取った選択が成されることと思います。
スポーツビジネスのコンテンツとしての価値が認められたから、降って湧いたような話題が出るのです。
たとえデマでも有難い話です。

ラモスが監督になると・・・などとマイナスの仮定には耳を貸しません。
私はラモスFC岐阜監督、面白いと思います。
戦術家と言うよりモチベーターのイメージが強いあたりも、打ってつけだと。
ピッチからボールがラモス監督の前に転がってきたら、ストイコビッチのようにゴールに蹴りこむ姿を見てみたいものです。

新しい客を開発すること、外から客を呼び込むこと、ラモス自身の発信力をはじめとする魅力・・・。プラスの側面だけを評価すれば良いと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。