スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政の責任

行政の責任とは何だろうと考えてしまいます。
先日の台風26号によって、東京・伊豆大島(大島町)では記録的な大雨がもたらされ、大規模な土石流が発生し多くの人命が失われました。
町が避難勧告を出していなかったことで、多数の犠牲者が発生したことで行政に責任があるかのような論調の報道がありますが・・・。
数年前の兵庫県佐用町の例を思い出しました。
夜間の豪雨時に避難勧告を出したことが原因で犠牲者が出たと裁判になったはずです。
夜間に屋外移動を促す避難勧告を町が出したことが不適切であると。

今回の大島町、行政の対応が良かったとは思いません。
避難勧告を出さなかったことは非難されるに値すると思いますが、避難勧告に頼ることは間違いです。
重大災害時は、自身の判断で自分と家族を守るしかありません。
『命』は、他人に任せるモノでなく自分で守るものです。

行政の責任は、『防災意識』の啓発の有無で判断されるべきです。
住民主体の防災まちづくりを作るなど・・・。
地域の防災訓練などを促進すれば、住民の防災意識が高まり、防災知識も身につくでしょう。
また住民同士、住民と行政のコミュニケーションも生まれます。

防災無線などは、豪雨や非常時には聞こえ辛かったりして当てになりません。
それよりも地域住民同士が連絡・相談を取り合うことで、被害を最小限に組み止めることしかないと思うのです。

『命』を行政の責任に委ねられますか。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。