スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園は目指しません

『甲子園は目指しません!』のスローガンのもと、 兵庫県の学校法人芦屋学園は日本高校野球連盟などに加盟しない硬式野球部を新設する話を聞いて興味を持っています。
関西ならではの発想だと思います。

予備校・大学を関西で過ごした私は、学校教育への期待度・依存する意識が極めて低い地域だと感じました。
それは受験勉強、スポーツとジャンルにとらわれず、また親の経済環境にも関係なく、経済的に豊かであるほど、学校教育への期待度は低いとも感じたものです。
予備校に進学(?)して大阪へ出た私は、関西の子供たちが経済的に身を立てる術として受験勉強に取り組む意識があることに驚いたものです。
高校進学にあたって「勉強を採るか、野球を採るか」で悩んだとの言葉を何人かから聞きました。
また進学塾のような私塾型の野球塾が存在することにも驚いたものです。
今回の新しいスタイルの高校野球部は、日本の野球界の特殊性を浮き彫りにする事案ですから、様々な障害・妨害が出てくると思われます。
ただ芦屋学園は特殊な学校法人なので乗り切るのではないかとも期待します。

今までにないスタイルの高校野球部ですが、ある程度の部員数も集まるでしょう。
他校野球部を退部、退学した転校生も加わることと思われます。
日本社会には多様なライフルートが存在しないのは、一般企業への就職だけではなく、スポーツ選手も同様です。今回、新たなスポーツ組織の在り方が社会に提示されたわけで、非常に価値があることです。

具体的には芦屋学園野球部は、日本高野連に加盟しない単なるクラブチームとして扱われます。
関西独立リーグ・兵庫の下部組織(3軍)として活動することになるので、甲子園大会の予選出場が不可能であるだけでなく、日本高野連加盟の他の高校野球部との練習試合もできません。
ただ、クラブチームなので関西独立リーグの試合には出場できます。
日本高野連に加盟する一般の高校野球部では、元プロや現役プロ選手の指導は受けられませんが、芦屋学園野球部は日本学生野球憲章の適用外であるので、元プロや現役プロ選手の指導を受けることが可能になります。

芦屋学園野球部が近い将来プロ野球選手を輩出することを期待します。
地域社会との相互依存関係もなく、野球選手養成機関と位置づけたことに大きな価値があります。
関西ならではのメンタリティとは『甘えの排除』であると考えていますから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。