スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クスの木』発、『肉桂玉』行き

父方の祖母が郡上の出身だったこともあり、幼い頃から『肉桂玉』には親しんでいました。
「辛~い飴」です。
祖母の家を訪れると「ほれ、あめ玉。」と渡されたのが『肉桂玉』。
ビー玉の大きさで、表面はザラツキがあり最初は甘い。表面のザラツキ・ザラメ糖の甘さの後には、刺激的な辛さが口中に広がる『肉桂玉』が好きです。

気がつけば、京都土産の「八つ橋」も餡が入った生八つ橋よりも硬い焼き上げた短冊状の煎餅の方が好きだったり、トーストにシナモンシュガーを振るのが好きだったりするのは『肉桂玉』の記憶によるのではないかと思います。付け加えれば、アップルパイもシナモンの香りが強いものが好きです。

ニッキ(肉桂)とシナモンはクスノキ科の樹皮や根を乾燥させたもので、木材由来の香辛料です。

昨日、竣工間際のH様がテーブル用の板を選ぶために来社されました。
樹種よりも、自然な形の一枚板で幅が80センチ、長さが2100センチの大きさが優先ということで、在庫の板の中から適合するものを探していて気がついたことです。
樹種に偏りがあることと、形・サイズが・・・。

まず、仕入れて在庫としてある板の樹種が一般的ではないのです。と言うのは、他社なら断然多いはずのケヤキや楢が極端に少ない。形・サイズも長方形でスラーッとしたものよりも個性的な形のものが多いのです。在庫を記す伝票・帳簿の数字では分からない、在庫を一つ一つひろっていかないと実感できないことに気がつきました。

樹種で言えば、キハダ(樹皮は漢方薬のもとになる)が最も多く、そんな材木屋は日本中でも弊社くらいでしょう。
また、クスノキも多くあるように感じました。クスはテーブル・カウンター用の一枚板だけでなく、壁に張るように加工した薄い板もあり・・・。防虫機能があるのでトイレやクローゼットなどに用いています。樟脳はクスノキから製造されます。クスノキは倉庫の中でも香りで存在感を示し・・・。


キハダは、その色・木柄と加工のし易さから好んで購入しています。
クスノキは気がついたら多かった。『肉桂玉』の記憶によるのでしょうか・・・。

構造材としてや、色・木柄の美観・デザインとしての機能だけでなく、様々な効能が木にはあります。








コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど・・・勉強になりました。
京都の八つ橋は、600年以上の伝統があり、組合もあるそうで、新規参入をなかなか認めない権威ある組織だそうです。その八つ橋の最大の特徴がニッキにあると先日聞きまして、その原料がクスノキ・・なるほどと、改めて納得しました。
                                 KGB

Re: No title

こちらこそ勉強になりました。新規参入を認められないことも呑みこみ、克服していけるような器でありたいと思います。
今後とも御意見ご指導よろしくお願いします。

中川



> なるほど・・・勉強になりました。
> 京都の八つ橋は、600年以上の伝統があり、組合もあるそうで、新規参入をなかなか認めない権威ある組織だそうです。その八つ橋の最大の特徴がニッキにあると先日聞きまして、その原料がクスノキ・・なるほどと、改めて納得しました。
>                                  KGB
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。