スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラブの思い出

日経産業新聞に、ミズノが「最初から使いやすいグラブを発売」なる見出しの記事を見つけ・・・。

高校まで、野球をチャンピオンスポーツとして続けた私のグラブ遍歴は4項目の説明で足ります。
幼稚園か、小学校一年生の頃に、買ってもらった無名メーカーの小さなグラブ。草野球の頃です。グラブを選択する意思などありませんでした。
小学校3年生で地域の少年野球チームに入ってしばらくしたころ、本格的なグラブをと『ナイル(殿村)』社のものを購入しました。小3には不釣り合いな大きさだったことを覚えています。グラブは手のひらの延長であり大切に長く使うことを考えると、大きめのものをとの意識が働いたのでした。そのグラブは中学2年まで使いました。
中学2年の時に野球部の部室で紛失したことで新しいグラブを購入することになったのですが、メーカーは同じ『ナイル(殿村)』で内野手向けのグラブ。無くなったものと同じメーカーの似たものをと。
高校に入学し、ボールが硬式に替わってもグラブはそのまま。
ゴムの軟球に比べて硬式ボールは摩擦が大きいのか、破れる箇所が出てきたものでした。
それを練習が終わってからスポーツ店に持っていくと、翌日の昼休みに学校を脱け出しスポーツ店でピックアップをして放課後の練習に臨んだ思い出があります。
皮のミシン目がほつれない様にオイルを塗りこんだものです。
やがて、それにも限界がきて、高校二年生の時に購入したアディダス社の小さな内野手用のグラブ。
当時、江川卓がアディダス社のグラブを使っていて憧れたことと、スポーツ店で手に取った時に小指の丸くラウンドした感じが内野手らしいと感じたことが気に入った理由であったことを覚えています。
今でも、家の納戸にあり、指をいれてみることが時折あります。

初めてグラブを買い与えてくれた父親や、指導者たちから教えられたのは、
グラブは手のひらの一部である。型を付けて自分の分身になるようにと。
毎日汚れを落として、オイルを塗り込み手入れをすることが自分の分身であるということだ。
はじめは硬くて扱いづらくとも、自分の分身にしていくには大切に手入れをして使うことが大切だ。
良いプレーを生むためには、グラウンドの練習だけではいけない。
本当に、そう信じていました。

全く合理性がない考えかもしれません。
しかしグラブを手入れをして自分の手の内に入れて扱いやすくすることは、会社で始業前に掃除をしっかりすることと同じだと思うのです。
ミズノのグラブの新商品のコンセプトを淋しく思う私は、古い人間なのですかね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。