スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛島さん

今季途中からFC岐阜の監督に就任した『辛島啓珠』氏の退任が発表されました。
『カラシこと』辛島さんの退任を残念に思います。

私は有能な監督だと評価しています。
辛島氏は、2008年、そして今年とFC岐阜に関わりました。
両シーズンともトップチームのコーチ兼セカンドチーム(アマチュア)の監督としてFC岐阜のスタッフに加わったのですが、今季の場合はトップチームの成績不振を受けてシーズン途中からFC岐阜トップチームの監督専任となりました。
シーズン途中で監督に就任することは、環境としては困難であると思われます。
自身の意向が働いていない選手構成、コーチなどのスタッフの編成、サッカースタイルを構築する時間的制約・・・。
それらを克服して、J2残留のミッションをクリアしたことを評価すべきだと思います。
辛島氏がトップチームの監督に就任してからは、二試合に一試合は勝ち点を獲得し、勝ち点を積み上げてJ2残留を達成したのですが、その姿勢からも粘り強く我慢強い彼の性格が分かります。

また彼がセカンドチームに関わった2008年と今年。
ともに国体で2008年はベスト4、今年は優勝と、優秀な成績を納めています。
2008年当時のセカンドチームは、岐阜県リーグのカテゴリーのチームだったことを考えれば、その指導力が推し量れます。
薄い選手層で、本来とは違うポジションに選手を配置せざるをえないチーム編成でも、彼が一定の成果を上げてきたことを考えれば、シーズン途中からの本意でない環境を克服できたのも彼の能力でしょう。

FC岐阜のような不十分な環境でも彼なら、選手編成・構成以上の成果を達成してくれるとの思いから、続投を期待しましたが・・・。
今後は、彼の監督としてのキャリアを見守るしかないのが残念です。
環境を選んだり不満を口にすることなく、与えられた環境で最大限の成果を上げる姿を尊いと思っていました。

辛島さんが岐阜に遺したモノは確かにあります・。
トップチームの監督に彼が就任するとの報を受けて、薫陶を受けたかつての選手たちが『いざ、カラシマ』と立ち上がった姿を私は見ていましたから。

往く人、来る人。岐阜のサッカーの文化が構築されていく姿を見守ることを楽しく思っています。
「ありがとう、辛島さん」





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。