スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マー君の夢

楽天・田中将大がポスティングシステムを利用して米国メジャーリーグに移籍する話題が、今年のストーブリーグの最も大きな関心でした。
従来のシステムでは青天井の移籍金や交渉先が一球団に限られることなどの問題が指摘されて、日米双方の協議の結果、「移籍金の上限を20億円とし、最高金額を提示した全ての球団と選手は交渉することができ選択肢が広がるもの」となりました。

今季、田中将大が従来のポスティングシステムを利用すれば、入札の最高金額は過去の例から見て日本円にして100億円近苦になるのではないかと予想されたものでした。
ところが、新システムでは金額の上限は『20億円』となり、米国メジャー球団にとっては『安い買い物』になります。
これに対し、楽天球団がメジャーへの移籍を認めない意思表示をするや、米国側はマスコミを使って『田中の夢を壊すな!』と楽天を批判する姿勢を見せています。
それに追随するかのよう、日本のマスコミも移籍を容認するべきとの楽天批判の論調が主流を成すように思われます。

私は『不平等条約』並みの新システムの本質に言及することなく、楽天を批判することはできないと考えます。
まず、日米プロ野球の関係について。そして選手の保有権について。
日本プロ野球は米国メジャーの選手養成機関でもなく、独立したものであり対等な関係です。
野球のレベルが高い低いとか、事業規模が大きい小さいの問題ではありません。
選手の保有権が選手個人に帰属するのでなく、球団に帰属するのが野球界のルールです。
そこで球団は選手に投資し、育成するのです。
ですから移籍金はボーナスではないこと、選手の移籍に伴い球団に入る金額が大きくなることにも理があります。

今回も『マー君の移籍金』は、楽天へのコミッションではなく、楽天が逸失するであろう利益を補うに相応しい
額であるべきです。
無邪気な『マー君の夢』の実現は、美名の下、米メジャー側だけが甘い汁を吸い日本側が踏み台とされることを意味します。
また後に続く世代の利益を低く見積もることに繋がると考えます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。