スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マー君、メジャーへ

楽天球団が田中将大の新ポスティングシステムを利用したメジャー移籍を認めると発表したことで、実質的にメジャー移籍が決まりました。
移籍金の上限が20億と定められたことから、不平等条約とも実質的なフリーエージェント契約とも思われる新制度に楽天球団側は不満を口にしたものの、「7年間の功績を慰労する」との大義から容認に傾いたのが、表の理由です。
私は、ヤンキースと水面下で条件面の合意が図られたとみています。

楽天会長の三木谷浩史は稀代の守銭奴・拝金主義者ですから、莫大な利益損失の機会を決して許すはずがありません。
彼ほどカネに対して貪欲さ、執着心を持った人間はいないと思うからです。
東北楽天イーグルス。シダックスがオーナー企業になるまでの繋ぎ的役割だったものを、自身の本業に貢献する収益性のあるコンテンツであると認識するや、徹底的なブラッシュアップを行いスポーツビジネスを自らの本業に直結するスキームに仕上げました。

楽天の外人選手。今シーズン活躍したマギー、そして来シーズンからのユーキリスとヤンキースルートの選手です。
ユーキリスのような実績のある選手が早々日本に、ましてや楽天に来る理由はありません。
大物外人助っ人・ユーキリス獲得は、FAで言うところの人的補償と思われます。
水面下で、田中将大の肖像権、グッズ販売権などの合意がヤンキースとあり、容認に至ったと。
ヤンキースを皮切りに、米国での楽天市場の展開、または米国メジャーグッズの楽天での独占販売などの協定くらい締結するのは、彼にとっては当然のことです。

三木谷浩史は強かですから、精度の不条理を追求する社会正義感よりも実利を選びます。
メジャーの多くの球団が獲得交渉に参戦しても、最終的にはヤンキースでしょう。
日本のプロ野球、日本の他の球団の利益逸失など知ったこっちゃない。
純真無垢なマー君は、メジャーへ旅立ちます。

間違っていたらごめんなさい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。