スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードから考える『家庭におけるエネルギー消費量削減』

築10年の自宅には『エコウィル』が設置してあります。
自宅を新築した10年前。当時としては珍しい、目新しい家庭用コージェネレーション『エコウィル』を採用しました。
都市ガスを燃料として、ガスエンジンをまわし発電を行なった際に発生する排熱を給湯、追い炊き、床暖房に利用するシステムです。
オール電化に懐疑的だった私は、電気使用量の削減と自宅で電気を作ることができることに魅かれ採用したのです。
発電時の排熱の有効利用が二酸化炭素排出量を削減することにつながる環境負荷低減に寄与するという尤もらしい理屈には興味がありませんでした。
ところが開発されたばかりのシステムであったこともあり、思いのほか機器トラブルが発生しました。メンテナンス契約の範囲内のトラブルだったこともあり費用が掛からなかったことと、開発初期のモデルだから仕方ないことだと考えています。
このたび10年のメンテナンス契約が終了とともに、別のシステムに交換しようと考えています。

費用のリスクはもちろん、当時と比べて様々な機器・システムが開発されていることから、新しい機器・システムを自ら使用することで、家庭におけるエネルギー消費の在り方について、より理解が深まると考えるからです。
プラン段階から、このブログで紹介していく予定ですから参考にしてください。

一般住宅、家庭での日常生活におけるエネルギー消費について、住まい方を工夫することで消費量を減らすには限界があります。
建築を生業とする以上は、仕組み・設備のハードによる削減を提案することが必要だと考えます。
『良い住宅』の条件の一つには、エネルギー消費量が少ない住宅であることも今や間違いなく挙げられます。
住宅産業に関わる者は、家庭におけるエネルギー消費の在り方についても語れないといけない時代が来ているのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。