スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人的補償

GMと言えば中日の落合新GMばかりが注目されますが、阪神タイガースの中村GMは、なかなかの策略家だと思います。
FAで横浜DeNAに移籍した久保投手の人的補償に、横浜のレギュラー捕手・鶴岡を指名し獲得したニュースを聞いて。

阪神はレギュラークラスのベテラン捕手が複数いることで、横浜は鶴岡をプロテクトリストから外したのでしょうが・・・。
必要な人材でなく、相手が困る選手を引き抜く。
レギュラー捕手を引き抜かれた横浜の弱体化が促進されます。麻雀などのギャンブルでもカモを作り徹底的に吸い上げることは、相対的に自分の成績を上げることにつながります。
それだけでなく、最下位の横浜相手に阪神は負け越していましたから、チームの頭脳を引き抜くことは直接対決で有利に働きます。
鶴岡獲得の意味は捕手陣、バッテリーの強化に止まらないのです。

中日の落合GMと阪神の中村GM、いずれも策略家ですが、違いはスピード感にあるように思います。
痛みを伴おうがドラスティックに改革する部分と、厳しく豊富な練習量で戦力の底上げを図る落合と比べ、派手さはありませんが、ねちっこくしつこくチームを作り上げる雰囲気が中村には感じられます。

どちらも興味があり、両者に注目しています。
GM主導の球団運営は成功の如何は、球団経営陣の度量にかかっていると考えます。
忍耐強くGMにチームを委ねることができるかどうかです。
読売巨人には決してありえないことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。