スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定秘密保護法・狂想曲

国家機密の漏洩に厳罰を科す『特定秘密保護法』が国会で成立しました。

遵法意識も欠如しているような私は、本来、法学に興味があるわけでもなく、『法学部』に進んだこと自体が人生の方角を間違いだともいうことができます。
ですから大学在学中は、積極的に法学と向き合うことはなかったように思います。
ただ『法の精神』なる立法の目的に立ち返えることの大切さだけは理解したつもりです。
『特定秘密保護法』を巡る国会での激しい与野党の対立、マスコミのネガティブキャンペーンを、もう少し冷静になれないものかと眺めていました。

『特定秘密保護法』とは、国の安全保障に関する重要な情報を「特定秘密」と指定し、それを取り扱う人(主に公務員)を調査・管理すること。これにより、それを外部に知らせたり、外部から知ろうとしたりする人などを処罰することによって、「特定秘密」が外部に漏れることを防ごうとするものです。
我が国の安全保障上のスタンスを根本から見直すことをしないで、この目的の法律の必要性を議論することは都合の良い話です。日本が米国の傘の下にある以上、米国と足並みをそろえるのは当然のことですから。
米国の庇護の下、国際社会での立ち位置が守られている現状を認めないことは、認めたくない都合の悪い事実から目を背ける行為に外なりません。
脱・米国を試みた民主党・鳩山政権を、マスコミが先頭に立ち世論をもって葬り去った以上、米国の庇護の下である日本の現状(米国の属国)を甘んじて受け入れなければいけないのが我々日本国民です。

スパイ防止法もなく情報がザルの目から漏れるのが日本の現状です。
尖閣での『中国漁船の体当たり映像』がネットに流出した時には、民主党議員もマスコミも「政府の情報が簡単に漏れてしまうのは問題・・・。」との論調だったじゃありませんか。
当時は政権与党だった民主党、自民党が出す法案には反対の立場をとっています。
またマスコミとは、反権力のスタンスですから、何が何でも『反対』なのでしょう。
反対の立場の人間の意見には『反対』とは幼稚な話です。

マスコミ特有の『特権意識(?)、ご都合主義(?)』を感じるのは、今回に限ったことではありません。
消費税増税についても、そうでした。報道機関は特例として軽減されるなどとは、国民を愚弄することであるとの意識がないのでしょう。
『特定秘密保護法』では、法の精神を顧みることなく自らの利益からの反対だと感じるのです。
取材ネタ元として、公務員に接触することで自らを危うくすることから逃れたい。報道機関は言論の自由の旗の下、守られるべきだとの意識の存在です。

ジャーナリストとは無頼派でなければ・・・、と言うつもりはありませんが、マスコミ特有の『特権意識(?)、ご都合主義(?)』が先行することで、『特定秘密保護法』の法の精神への理解が進まないことを残念に思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。