スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫茶店で昼ごはん

「岐阜は外食にカネを使う街だ。」とは良く言われますが、総務省の家計調査からも明らかです。

全国の県庁所在市及び政令指定都市の中で、岐阜市は外食(学校給食を除く)に対する出費が東京都区部に次いで2位。喫茶代に至っては第1位と。
似たような地域性のお隣の名古屋市をはじめ、横浜市、京都市、神戸市、大阪市などの政令指定都市を抑えています。

その象徴が喫茶店での昼ごはん。
ランチメニューを用意している喫茶店が多いことも岐阜の特徴でしょう。
昼には店先に、日替わりランチメニューの内容が書かれた黒板(またはホワイトボード)を掲げる喫茶店の風景は、岐阜では良く見られます。
岐阜を離れ、関西、東京で生活した経験がある私には、岐阜の街らしい姿に思えます。
喫茶店を、喫茶だけでなく『昼ごはん』のために利用することは、我々・岐阜人には極当たり前のことです。

『喫茶店のモーニング』が立派であることについては、マスコミなどで取り上げられることが良くあります。
しかし『喫茶店のランチ』、『喫茶店でランチ』の方が、より岐阜らしいと思います。
現在のようにファミリーレストランなど存在しなかった頃、親に連れられ喫茶店でカレーライスやら何やら食べた記憶があります。
また、大衆食堂が和風のメニュー構成であるのに対して喫茶店の軽食は洋風のメニュー構成だったような記憶も。
岐阜には、喫茶店で食事を摂る文化が根付いていると考えられます。

そんなことで、喫茶店で昼ごはんを食べてきました。
『カレー焼きそば定食』。
炭水化物をおかずにコメを食べる、男のランチです。

この写真を見たら、岐阜の喫茶店で昼ごはんを食べたくなるでしょう。
277_convert_20140117164842.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。