スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一枚板のローテーブル

リビングのローテーブルや和室の座卓向きの板を仕上げ加工しました。
今回は、それぞれの板に合わせて脚も作成しました。
12月1日のブログ『テーブル用の一枚板』ほどの大きなものではありませんが、どれもホンモノ・無垢の一枚の板です。
一般的に家具屋さんが扱うのは、10センチくらいの幅の板を横につなぎ合わせたモノが多いのですが、材木屋らしく板のボリューム感を主張したものです。

018_convert_20140119151208.jpg

テーブル用の板と同様に荒板の状態で板を選ぶのでなく、最終仕上げまで施されているので、ご自宅のインテリアにマッチするかとのイメージも分かりやすくなっています。
また今回、まとめて数枚の加工をしたことで、一枚ずつ加工するよりも加工手間を省き、値段もお値打ちに提供することができました。

ケヤキが二枚。トチ、桧が各一枚。
脚の形は、板脚と呼ばれるボリューム感があるモノをを中心に作成しました。
020_convert_20140119151245.jpg
022_convert_20140119151321.jpg
ケヤキは玉杢と言われる不思議な木目の美しさを強調したものと、側面の丸みが生命力を表現したようなものの二種。
同じ樹種でありながら木目が与えるイメージの差異に注目です。
前者は格調高い和風の、後者はカジュアルな仕上げと、対極のイメージで作成しました。

トチは、カーブを描いた全体のプロポーションが美しく、水面が輝くような木目からも和室・洋室の別なくマッチすると思われます。
023_convert_20140119151355.jpg

そして『桧』。これは珍品です。
024_convert_20140119151428.jpg
桧でありながら、広葉樹にしか見られるないような木目。
027_convert_20140119151508.jpg
スキモノの心をくすぐる一品です。
販売して手放すのが惜しいものです。


ご興味がある方は、お問い合わせください。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。