スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーリーパインズの風

米国男子ゴルフツアー『ファーマーズ・インシュアランス・オープン』が始まりました。
以前は『ビュイック・インビテーショナル』と呼ばれていたもので、スポンサーが替わったもののサンディエゴの『トーリーパインズゴルフコース』で長く開催されてきた競技です。

大学を卒業し、新卒で入社した会社を3年で辞めた後、サンディエゴに半年ほど滞在したことがあります。
私がゴルフを覚えたのはサンディエゴですから、ちょっとスジが良いと誇らしく思っています。
当時サンディエゴにはゴルフアカデミーなる専門学校がありプロや指導者、ゴルフビジネスで身を立てようとする日本人もいました。
私は、違いますよ。彼らの周りでゴルフをしていたにすぎません。

『トーリーパインズゴルフコース』はトーナメントコースでありながら、パブリックコースでサンディエゴ在住者は、1ラウンド約1500円でプレーができたと記憶しています。
私もプレーしましたが、とにかくタフなコースだったとの記憶があります。
比較的平坦だけど距離が長くホールをセパレートする林がフェアウェイにせり出していたり、もちろんラフは深く・・・。
また海岸に面していて海からの風が強く本当に厳しいコース。
不躾な私は自分の腕前を顧みず、『トーリーパインズゴルフコース』に挑戦したのでした。

当時そこで行われた『ビュイック・インビテーショナル』を観戦に行きました。
出場者が多く予選はサウスコースとノースコースを日替わりで回ります。
チャンピオンコースのサウスコースと比べて、距離がないノースコースは易しく、ラウンドする日の条件によっては、それぞれのコースの平均スコアが大きく差が出ます。
風がない日にはのノースコースでは無名選手がビッグスコアを出したり、かと思えば風が強く条件が厳しい中ではスコアを伸ばすものが出ず・・・。
決して平等ではない条件で運営されながらも、4日間のトーナメントが終わってみれば優勝者は実力者であるのが、ココでの特徴です。最多優勝者がタイガーウッズなのですから。

大雑把さが予定調和を生むアメリカらしさを感じます。
初日、サウスコースをイーブンパーでまとめた石川遼の活躍を期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。