スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑のダム

先日、私が語る『木の話』を聞く量が多いはずの親しい友人でさえ「割り箸は環境破壊につながる」と思い込んでいたことを知り、ショックを受けたものです。
今まで以上に、正しい木の知識の広報活動に取り組まなければと思っています。

そこで今日は「緑のダム」の話を。

「緑のダム」とは、木でダムを作ろうという話ではありません。
森林整備を進めることで河川の流量を減らし洪水被害を減らすことが可能になります。
森林は洪水や渇水を和らげる機能があるのです。

まず樹木。森林に降った雨は枝葉にあたります。枝葉のクッションを経てから雨は地表に落ちます。また枝葉から幹を伝って地表に流れることもあります。
雨で濡れた状態の枝葉が湿らせる形で雨を留めることで、枝葉から地表に雨を流すことなく蒸発させることもあります。
また森林の地表に流れた雨水。多少は浸み込まずに地表を流れますが、森林の土は落ち葉や落枝(らくし・枝が落ちたモノ)などが堆積したものが何層にも重なり、スポンジのような保水力があります。
森林の土には雨水が浸透し、溜まるのです。
その量たるや、耕作地の2倍との研究データがあります。

更に雨水が浸透する過程で何層かのスポンジがフィルターの役割を果たし水を森林にはる
ろ過します。
ろ過された水が土中には地下水として溜められているのです。

人間が手を入れることで、この機能は存分に果たされます。
天然林、自然林が必ずしも優位ではないのです。
一定量、木が切られることで木の間隔が確保され健康な森林が形成されます。

「緑のダム」とは人が森林に入り手を入れることであり、そもそも趣旨がハコモノ建設とは異なるのです。
森林に人が入ること、木を切ることの価値を理解いただけたでしょうか。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。