スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪『出直し』市長選挙を考える

さすが日本共産党と思いました。
良いとか悪いとかの問題でなく、自らの存在意義を十分に理解していることの現れです。
橋下徹が大阪市長を辞任して、大阪都構想を市民に問うための出直し選挙を仕掛けたことについて、自民・公明・民主党などが候補者を立てずにボイコットする姿勢である一方、共産党は独自の候補者を擁立して、各党に連携を呼びかけたことを評価します。

首長が自ら辞任して出直し選挙を画策するのは、事前の準備もないまま選挙が始められることからも圧倒的に現職が有利です。
これを独善的だと現職を非難することは間違っていると思います。残念ですが・・・。
制度がある以上、批判すべきは『人』でなく『制度』だと考えるからです。

橋下徹を無視して、ボイコットを決め込むのも良しでしょう。
しかし日本共産党は対立候補を立てるのが相応しいと。
首長選挙が現職と共産党候補者による信任投票の構図は、極めて一般的です。
どの選挙でも共産党は、常に市民・有権者に信を問う機会を提供してきたわけですから、今回ばかりは、ダンマリを決め込むのはどうかと思うのです。

普通に考えれば、橋下徹が勝つでしょう。
しかし共産党候補者を他の政党が後押しした選挙の結果を見てみたいと思います。
今までは圧勝してきた橋下徹ですが、今回は今までのようにはいかないと。
橋下徹は、その数字を謙虚に、冷静に受け止めてほしいものです。

また制度の不備について考える機会です。
任期途中で現職が自ら辞職して出直し選挙を仕掛けるような繰り上げ選挙は、圧倒的に現職が有利です。
そのアドバンテージを利用して、不信任案もないのに現職が出直し選挙を仕掛けるケースでは、対立候補者の有無に関わらず投票を行い、過半数の信認をもって当選とするなどと改めることを検討する契機となるべきです。

首長が、自己の正当性を主張するために制度を利用するのは悪質です。
巧妙な広報活動とも。
本質の真贋を別にして、改革派・無頼派のイメージを市民に刷り込みます。
岐阜市でも同様のことがありましたから、他の都市(大阪)のことですが御節介な一言を言わせてもらいます。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。