スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車社会・岐阜を考える

たまに東京へ出張で出かけると、疲れを感じるようになりました。歳を取ったせいでしょうか。
東京へは新幹線で出かけますし、地下鉄をはじめ公共交通網が発達しているので車を使うことはありません。
公共交通網が発達しているとはいえ、同じひとつの駅の乗り換えでも相当な距離を歩かされます。
また駅から目的地までも車を使うよりも歩いた方が早いし便利なケースが多く、とにかく歩行距離が増えます。

岐阜市でも『中心市街地の活性化』を促進するために、中心市街地での居住に回帰する試みが取られています。
岐阜駅前などのロケーションが良い場所でのマンション建設の例が、それです。
中心市街地の居住者を増やせば、活性化するとは、余りに安易だと・・・。

日本の地方都市の多くはアメリカ型の車社会化しています。
日本において、車なしで生活できるのは、首都圏などに限られています。
岐阜では、市内を走る路面電車や郊外に延びる私鉄路線を廃止したことや、市営バスの廃止とバスの路線の集約化により公共交通網は『お寒い』環境です。
中心市街地の居住者も、車なしでの生活は困難です。

ところが世界の都市計画の趨勢は、車社会から歩行者・公共交通機関を中心にしたものに変わっています。
環境問題云々ではなく、ガソリン代の高騰が最も大きな理由のようです。
事実、車社会の岐阜で所有される車も軽自動車が多くなったように小型化しています。

そこで『コンパクトシティ』というのは、格好は良いものの現実的ではありません。
中心市街地への回帰、集合住宅化、歩行者・自転車優先の道路・・・・。
格好は良いが、暮らしにくく定着しないと考えます。
これらには、充実した公共交通網が前提だからです。

郊外の大型ショッピングセンターや庭付き一戸建て指向(既に所有しているケースも多い)が建てられる岐阜の現状から、従来の都市計画はおろか、現在のトレンドとも異なる岐阜ならではのモータリゼーション都市を考えないと、豊かで満足度の高い市民生活の実現はないように思われます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。