スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ3月

昨日、友人から「ブログの更新は何回に至ったのか」と尋ねられました。
友人によると、100日の区切りごとに振り返りのコメントがあったそうです。
それが最近はなくなったことで通算回数が不明だとのことで尋ねてきたようです。

当初、1000日連続更新を目標として始めたブログです。
1000日の連続更新を達成した後も、毎日認めていたのですが、昨年の10月に体調不良で寝込んでしまい一日穴をあけてしまいました。実はカキによる食中毒だったのです。
また年末年始には充電期間と称して休止もしたあたりから、連続日数や更新回数の『数』に対するこだわりが無くなったように思います。
このブログは毎日の日課のようなものです。
木の話、住まいの話、岐阜の話だけでなく思いのままに書き記しているだけのことですから。

修練の基本は『量』だと考えます。『質より量』です。
冒頭の質問をした友人とは高校の野球部で3年間、ともに過ごしました。
当時、叩き込まれた考えが『質より量』です。
「東大に合格する者は一定以上の勉強時間がないと合格できない。甲子園に出る。甲子園を目指すということは、県岐阜商や中京に勝つ力を身に着けるということだ。県岐阜商や中京の選手より、体力・能力が劣るお前たちが、県岐阜商や中京に勝つには、それらの高校を上回る練習量が必要だ。・・・」と。
我々が入学する2年前に甲子園に出場した興奮の余韻か火照りのような雰囲気が残っていて
「野球部の生徒は勉強しなくていいから野球だけやっていれば良い。」と口にする教員もいるほどでした。
進学校でありながら、相当な練習量を課せられたものでした。

当時の『スリコミ』のせいか、今でも『量』への信頼があることは事実です。
しかし、一定の数をこなすと自然と『数』への執着が無くなることもまた事実です。

気がつけば『3月』です。
1ヶ月もすれば、年度が替わりフレッシュな雰囲気に包まれます。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。