スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラケーとタブレット

『スマホ』から『ガラケーとタブレット』に替えました。

この手のツールは『火縄銃』だと考えています。
社会人となった25年前、携帯電話など普及していませんでしたが、それなりに仕事は捗ったものです。
当時のことを考えれば携帯電話がなくとも仕事ができるのも事実ですが、在るモノを使わない理由はありません。
完成された製品でなく、常に新しい機能が開発されバージョンアップされていきますが、どの時点から使い始めるかを考えるモノでなく、すぐに導入し壊れるくらいの勢いで使うモノだと。
出張で出かけた東京で東日本大震災に遭い、帰宅難民となった際に『スマホ』の威力を思い知り、すぐに『スマホ』を導入することを決めたのでした。

ところが最近、『スマホ』が自分にフィットしていないのではないかと思う機会が多くなってきました。
特に『スマホ』の通話品質と電池の消耗の早さにです。
通話時間と回数が多いのが私の特徴です。ところが電池の消耗を考えて躊躇したり、通話品質が悪くコミュニケーション・会話に苛立ちを覚えることが増えたように感じたのです。
また外出先でも文書を作成することが多く、『スマホ』で文書の下書きを行ってきましたが、『スマホ』の画面の大きさでは目が疲れストレスが溜まります。
老眼を認めるべきかもしれませんが。
また、『スマホ』の手軽さから『スマホ』依存症になりがちです。
空き時間に目的もなく触ってしまいます。
『歩きスマホ』、『ながらスマホ』をする人が増えるのも当然かと。
『ガラケーとタブレット』には『スマホ』ほどの手軽さはなく、かつ私にとっての目的使用には適していると判断したのです。
『スマホ』は専らカメラとして使うことにして、『ガラケーとタブレット』に替えたのです。
ドコモショップで契約の変更をしたのですが、機種の選択はドコモショップの店員に一任と。
所詮『火縄銃』です。
使って使って使い倒し、壊れるくらいに使うつもりの道具に思い入れはありません。

正直なところ、変更2日目の今日は慣れぬ動作に戸惑っています。
それも当初のことと、慣れぬ作業・動作を楽しむくらいの柔軟さでありたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。