スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Say NO to Racism』の横断幕

23日に浦和レッズの主催試合、ホーム・清水エスパルス戦が、Jリーグ初の無観客試合として開催されることが話題になっています。
3月8日に行われたホーム・清水エスパルス戦でサポーターが掲げた『JAPANESE ONLY』なる横断幕が試合終了まで、そのまま掲示されていたことがネット上で話題になったことに端を発する騒動です。
浦和レッズ・サポーターの人種差別的行動を、チームが管理できなかったことが問題とされています。
浦和レッズはサポーターによる差別的な横断幕を許したペナルティーとして、Jリーグから23日の清水エスパルス戦を無観客試合とする処分を受けたのです。

3月8日の翌日、FC岐阜のゴール裏に掲げられたのが「Say NO to Racism」の横断幕。
朝日新聞の記事となり、ネットでの配信に乗って日本はおろか世界中に広く知られるところとなりました。

岐阜サポーターの感度に、私は大いに感服したのですが、どうやら世間の反応は様々です。
「政治や思想的主張をするな!」に始まり、「浦和レッズと同じ制裁を!」に至るまで、反対意見の多いこと・・・。

スポーツと政治を切り離して考えることが美徳であり、道理であるとの考えがあります。
その視点から言えば、「触らぬ神に祟りなし」とスルーすればよいところを、あえて横断幕を掲示したFC岐阜サポーターを誇らしく思います。

世界的にサッカー場から『人種差別的言動』を排除しようとする方向にあることや、海外では個人の個人(選手)に対する『人種差別ヤジ』についてすら厳しい制裁が見られます。
過去にJリーグでも『人種差別』には反対する主張をしてきましたが、今回の岐阜サポーターほど積極的に反人種差別を主張する行動はありません。

ガイドラインの制定を待たず、自ら行動する姿に、かつて『サッカー不毛の地』と言われた岐阜に間違いなく『サッカー文化の萌芽』が見られたものを頼もしく思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。