スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も順位予想

プロ野球の開幕前に、このブログで順位予想するのが恒例になりました。
シーズン終了後、意地の悪い友人の中には開幕前の私の順位予想をプリントアウトして反省会と称した飲み会を企画し集る者もいて困っていますが、今年こそは的中確率が高いはずです。

パリーグ
1.ソフトバンク
2.ロッテ
3.西武
4.楽天
5.オリックス
6.日本ハム

自信があります。
ソフトバンクは独走するでしょう。でないと、オーナーの孫正義は許さないと思います。
王貞治が自身の理念・信念を曲げてまでして、金満補強をしたのはオーナーの至上命令だと思われます。
同業・楽天がリーグ優勝、日本シリーズ制覇する様子をオーナーの孫正義が歯ぎしりをして見つめていた姿が目に浮かびます。
でなければ、前時代的金満補強を実施しないでしょう。
捕手に至っては、他チームならレギュラーとなる選手3人、二番手レベルの選手が二軍の控えに回るほどです。
今年は日本シリーズ制覇。そして連覇をチーム強化の命題として取り組んでいると。
その先には、アジア・シリーズの開催(主催して)までが構想にあるのではないかと。
読売巨人に球界の盟主の座を取って代わることはもちろん、アジア球界の盟主とならんことを視野に入れているからこそ、斯くのごとくな取り組みなのです。

他の5球団はダンゴ状態のように思います。
その中で現実的戦略をもって、1シーズン戦うであろうチームの順に順位をつけてみました。
ロッテは地道に戦い、Aクラスは固いと。捕手出身の監督が大きく順位を下げることはないからです。

西武と楽天は同じレベルだと判断しますが、西武の課題はシーズン通して故障者が少なく過ごすことです。
今季から監督に策士・伊原春樹が就任したものの、ここ数年、主力選手が故障によってシーズンを通して活躍できていないところが見られます。
楽天は田中マーくんの穴とは何かを見定めることを首脳陣ができているか否かです。
田中マーくんの勝利数が減る穴でなく、中継ぎ・抑えの投手陣への負担が増すことが一番のネックです。
これらの課題の克服如何によっては両チームとも2位の可能性もあると。

オリックスは選手が投手、野手共に充実してきて、新人投手陣の活躍如何ではAクラスも期待できます。
他チームは侮ると痛い目を見ます。

日本ハムの最下位はフロント、首脳陣ともに、監督の栗山秀樹が無能であるという現実を知るべきです。
監督就任1年目でリーグ優勝を果たすことができたのは、前任者の置き土産のスタッフと選手によるものです。
栗山と衝突して吉井投手コーチがチームを離れてからは、投手陣の成績は目も当てられません。
ハンカチ王子こと斉藤祐樹、二刀流・大谷翔平の起用法。
見出しにはなるが、決して勝ち星にはつながりません。

明日は、セリーグです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。