スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も順位予想



一話完結のブログですが、パリーグについてだけで結構なボリュームになってしまったので・・・。
キャンプからオープン戦に至る期間のスポーツ新聞紙上のプロ野球ネタほど、ばらつきが多いものはありません。
各紙、記者一人ひとりのカラーが出る記事を楽しんでいます。
自分勝手な思い入れレポートを無責任に掲載できるのは、この時期ならでは。
その意味ではスポーツ新聞って、お気楽です。

セリーグの順位予想は
1.読売巨人
2.中日
3.広島
4.ヤクルト
5.DeNA
6.阪神

圧倒的戦力から巨人のリーグ優勝は間違いないでしょう。
今年は、ソフトバンクの戦力補強が飛びぬけているので日本シリーズ制覇をするには原監督の能力では無理でしょう。
また戦力的に優っていても、クライマックスシーズンでは引っくり返されることも、彼が監督でいる限りは可能性が大きい。

2,3,4位を予想した3球団には戦力差はありません。
中日には森ヘッドコーチがいます。それが2位の理由です。
3位広島。ベテラン選手が活躍可能なのは今年までで、来年は若返りの名の下に放出か引退を余儀なくされることでしょう。だから今年は最後のチャンスなのです。
ヤクルトは、良くわかりません。

DeNAは高打率のアベレージヒッターがいないことで得点力不足がネックとなりますが、選手層は厚みを増してきていますし、平均年齢も低いので来年以降が楽しみです。
阪神を最下位に予想する人は少ないでしょう。
選手編成に一貫性がないことと、戦力にならない若い選手をカットできていないことで出場選手の肉体的負担が大きく、シーズンを通して考えると、この位置です。
またこのチームは、選手の契約先メーカーに注目して観察すると面白いのです。
特に、主力ではないバイプレーヤーの契約メーカーは、ほぼ二社です。
プレーだけ見れば、もっと上の順位に付けても良いのですが、余計な要素がチーム成績に関与しているような気がします。

私の偏見による順位予想です。
的中していたら、悪友から私が集る番がやってきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。