スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学の『心証クロ』

典型的な私立文系型の頭脳の私ですから、理数系科目はカラッキシでした。
ですがSTAP細胞はあるのか、ないのかに興味がありますし、今のところ証明できないとしても研究を続けてほしいものです。

現在の大騒ぎを止めることをできたのは、理化学研究所理事長の野依良治氏だけだったと。
ノーベル化学賞を受賞した彼が、「科学研究の専門家が責任をもって対応するから、一般のマスコミは口を出すな。」と一刀両断すれば良かったのです。
「情報開示と公正さが求められる一般社会の常識と、専門性の高い研究者の世界は違うのだ。」と、彼はノーベル賞受章の肩書を葵の御紋にできるのですから。
すれば小保方さんも理化学研究所も、STAP細胞の真贋と関係のないことでマスコミのおもちゃになることはなかったと思います。
とは言いつつも、そのようなマスコミの取り上げ方にSTAP細胞の真贋よりも悪意の有無からスキャンダルに至るまでの些末なことに興味を示す日本人の国民性に問題があるのかもと。

へそ曲がりな私の見立ては違います。
まず、小保方さんに対する処分の中途半端さから、本質である『STAP細胞の真贋』についての確証はないのだと。
彼女が稀代の詐欺師であったなら、即座に厳罰と処分を断行するでしょう。
STAP細胞の真贋の検証や再現が可能かどうかについての言及がないまま、論文のコピペやデータ・写真の使いまわしばかり取りあげられる様は異常です。
過去の論文にまで遡って、『心証クロ』のイメージが作り上げられ、また理化学研究所の研究体制の不備をあげつらうには何らかの作為があると私は思います。

何より滑稽にすら思えるのは、最も科学的であるはずの、心情や情緒が入り込む余地などない自然科学の研究が『心証クロ』をもって判断されていることです。
おおよそ科学的ではない『私立文系脳』の私には理解できません。

理化学研究所、学界には、極めて政治的な闘争が存在するのではないかとも勘繰ってしまいます。
STAP細胞の真贋そっちのけのバカ騒ぎは、コペルニクスの裁判よりも程度が低いと・・・。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。