スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下徹に期待する

久しぶりに『橋下徹』の意思をニュースで聞いたように思います。

日本維新の会が結いの党と合併して新党を結成した後の新党・代表には就かない意向であること。そして、国政から距離を置き『大阪都構想』に集中すると。

大阪市長選挙に当選したものの、実質的惨敗であったことを考えれば、『大阪都構想』の実現に注力することが相応しいと考えます。
大阪維新の会から、太陽の党などと一緒になり日本維新の会を結成したのは、功を焦った誤りだったのです。
一気に国政の中心的地位に駆け上がろうと下のでしょうが。

私は『橋下徹』に期待しています。
民主主義とは、「みんなの意思やみんなの行動で・・・」政治を動かすのでなく、為政者を「みんなで決めること」が重要であり、その過程で民意をくみ取ることに意味があるにすぎないと考えます。
ですから、重要なのは『人=為政者・リーダー』であると。
『橋下徹』は為政者・リーダー相応しいと考えます。
思想信条、政治判断のすべてが一致するわけではありません。彼とは相いれない部分もあります。
敵を作ることを厭わず、縁故やしがらみに執着なく、行動する点を最も高く評価しています。

国政から距離を置き、大阪を中心とした関西に立脚した視点の政治活動を再構築することを期待します。
首都圏と比べた関西経済の凋落ぶりを多くの人が感じていると思われます。
国の政策は首都圏に偏重しています。
例えば、リニアについても名古屋以西の計画は明らかにされていません。
大阪都構想は、大阪独立国的発想で進めてはどうかと。
大阪市長選挙では、小規模の集会を開催するなど今までにない活動をして、大見得を切って大衆を扇動する手法からの方向転換をしたわけですから、大阪原理主義・おおさかクレイジーと泥臭く。

大阪原理主義・おおさかクレイジーな政策で、関西圏の再生と高い支持率を取り戻すことをステップに、大阪への首都移転などの政策を引っ提げて国政の中心を目指すのです。
『橋下徹』的捲土重来とは、斯くあるべきだと考えます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。