スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木を帰す

郡上八幡の中心市街地で新たなプロジェクトを立ち上げようとする二人の女性がいます。
郡上で製材工場をしていることもあり、協力を依頼され、彼女達にあってきました。

空き家を利用・再生しようとする試みは面白いと思います。
理性的な判断でなく直観的に、できる限りの協力をしようと思いました。
街を動かすのは『ワカモノ・ヨソモノ・バカモノ』と言いますから・・・。

誤解なきよう言えば、彼女たちは『ワカモノ・ヨソモノ』であり、『バカモノ』の役割くらいなら担うことができるかと。
彼女たちのプロジェクトは、空き家を改装してゲストハウスとして利用しようと言うものです。
ゲストハウスとは、ユースホステルの民宿版というのは乱暴な説明かもしれませんが、ニュアンスは伝わるかと。
趣旨に賛同する人たちが参加するワークショップのような型式で行なわれる改装工事の内装材を提供したことに加え、宿泊者用の二段ベッドの材料を提供したのです。

10255340_445109372290832_286123709_n_convert_20140420103637.jpg

完成した試作品を見て、ハタっと気がつきました。
弊社が岐阜市の図書館の納材を請け負った時期に、桧の原木が市場に不足していて、困っていた時に古川林業さんに桧・原木を伐出していただきました。そのヒノキの部材が多く含まれています。
日頃から、『木を帰す』ことを意識しています。
社寺の境内の木は、別の社寺の建築に使われるようにとか、地元の木で家を建てることも同様です。

『郡上に木を帰す』ことが叶ったことを嬉しく思います。
彼女たちのプロジェクトが成功することを願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。