スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イモトアヤコ』

白状します。『イモトアヤコ』と『いとうあさこ』が好きです。
とりわけ『イモトアヤコ』が。

ですから『イモトのエベレスト挑戦見送り』なる見出しのニュースにはガッカリもしているのです。
普段テレビを見ることは少ないのですが、彼女たちが出演している番組だけは別です。

『イモトアヤコ』は日本テレビ系のバラエティ番組で、海外の珍獣を取材するなどしているのですが、単なるレポーターでなくあくまでも芸人として面白おかしい演出の下行っています。
珍しい動物をレポートするのに、客観的なレポートだけではドキュメンタリーと変わりません。
珍獣に興味がある人は、動物が好きな人です。
動物に興味がない人からも注目を集めるには演出が必要なのです。
時にはレポーターが役者となり、スタントマンのような危険と隣り合わせの状況で、知性と痴性の区別なく、また恥も外聞もない振る舞いを演じることで、視聴率アップが実現します。

彼女たちは弁えています。
端麗な容姿とはほど遠く、演技が秀逸でもなく、笑いを取れるギャグセンスもありません。
それでも番組内で『ピン』のコーナーを持てる理由を知っています。
あてがわれる役回りは危険と引き換えにしか無いことを知り、また自身は時代の徒花に相応しく、それに過ぎない存在であることを・・・。
ですから彼女たちが出演すると、昨今のテレビ番組で見られる出演者・関係者の内輪ネタで盛り上がることが見られないのです。
残酷な言い方ですが、それに好感を覚えます。

今回、『イモトアヤコ』はエベレスト登頂に挑戦することを目指してきましたが、先頃エベレストで雪崩によって、現地の複数のシェルパが死亡する事故が発生しました。
これに地元のシェルパらが、政府に対して今までよりも高い補償金や支払保険金の改定などを要求し、今年のエベレスト登山を中止することを決めたことで、彼女のエベレスト挑戦が困難となったのです。
演出では誤魔化せない現実に計画を断念するのでなく、エベレストに足跡を残してほしいと願います。
登山の仕事が無くなったシェルパと共同生活を送るとか・・・。

体当たりとは何たるかを示してほしいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。