スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真剣料

将棋のNHK杯トーナメント。
ファンである田村康介が久しぶりに本選出場を果たし、今年は楽しみにしていたのですが・・・。
ところが初戦(それもテレビ放映の第二回目で)、あっけなく敗れてしまったことで、今年の第  回トーナメントが始まったばかりにもかかわらず、興味の度合いは半分くらいになってしまいました。

田村康介の風貌は昭和50年代に見られた、人と接することが少ない事務系の朴訥とした会社員。(私の勝手なイメージですから、お許しを。)
しかし彼の将棋は朴訥とした外見とは違います。
定石にとらわれない力戦型の無頼派のイメージです。更にケレンミのない早指しで、とりわけ持ち時間の使い方に無頓着。テレビ対局だから放送時間を考慮して将棋を指すなる考えとは与しません。

将棋の世界で『真剣』と言えば、賭け将棋ですが、私が田村康介に魅かれるのは『真剣』に強いタイプだと思われるからです。
プロですから将棋の対局で金銭を得ます。しかし対局料や賞金と身銭を差し出す賭けでは意味合いが違います。
もちろん『真剣』=『賭け将棋』が刑法に触れることなど承知していますが、『真剣』=『賭け将棋』が当たり前に存在した時代があったのです。
またそれを生業とした人間もいました。

『真剣』=『賭け将棋』は今日的ではありません。
プロ棋士同士の練習や研鑚も『真剣料』を伴う実戦形式でなく、コンピューターを利用したグループでの研究というスタイルが主流なのでしょう。
誤解を恐れず言えば、ゴルフでも将棋でも『真剣料』なくして上達は無いと考えます。
『真剣料』は平静さを維持する事の習練と自身の決意の表れだと思う私は、古い人間ですかね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

失礼ながら、通りすがりでコメントさせていただきます。

小生も田村七段のファンで、東京在住のため、何度か指導を受ける機会があり、またご縁があり、幸運にも酒席でご同席させていただいたこともあります。

ちょっといまどき稀有な、男気のある、心の広い先生です。
確かに世間一般の常識とはかけ離れたところで生きていらっしゃいますが。

ご自分の才能をもてあましていらっしゃいるようにも見受けられます…。

田村ファンは、とても「多いというわけではないかもしれませんが、何か共通するところがあるように思います。

同じ先生のファンのお方というだけで、ついうれしくなってコメントしてしまいましたこと、どうぞご容赦ください。

Re: No title

コメントありがとうございました。
田村プロの無骨さに魅かれます。
最近は温室育ちのイメージの棋士が多いようで・・・。
だけど私が好きになる人は、タイトルに縁がなく・・・。
記録よりも記憶に残る・・・タイプでしょうか。
私自身は下手の横好きですが、通っていた高校の将棋部が強く仲の良い同級生に将棋部の者がいたこともあり、多少は棋界にも興味があり、田村プロに魅かれた次第です。
活躍を願っています。

中川

> 失礼ながら、通りすがりでコメントさせていただきます。
>
> 小生も田村七段のファンで、東京在住のため、何度か指導を受ける機会があり、またご縁があり、幸運にも酒席でご同席させていただいたこともあります。
>
> ちょっといまどき稀有な、男気のある、心の広い先生です。
> 確かに世間一般の常識とはかけ離れたところで生きていらっしゃいますが。
>
> ご自分の才能をもてあましていらっしゃいるようにも見受けられます…。
>
> 田村ファンは、とても「多いというわけではないかもしれませんが、何か共通するところがあるように思います。
>
> 同じ先生のファンのお方というだけで、ついうれしくなってコメントしてしまいましたこと、どうぞご容赦ください。
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。