スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本市美術館へ行ってきました

ゴールデンウィークの前半、ロータリーの交換留学生を伴い、長野県の松本城と松本市美術館を訪問してきました。

松本市美術館の目玉は、『草間 彌生』。
彼女の作品が常設展示され、それを目当てに訪れる人が多いようです。斯くいう私も。
松本市美術館の敷地内の駐車場に車を停め、正面玄関に向かうと、色鮮やかなオブジェが飛び込んできました。
『ドット、水玉の女王』草間 彌生の作品・『幻の花』です。

20140427183728_convert_20140427195605.jpg
『現代美術』、『近代美術』の冠もない公共の美術館が、前衛芸術家の作品を正面に配置することは、珍しいように思います
美術館に入り、中の展示を見ると、この美術館が信州をモチーフにしたものであることが分かります。
例えば、日本人が好む印象派の有名作家の作品があるわけではありません。
常設作品も信州を題材にしたものや信州に縁のある作家のものです。
『草間 彌生』は松本市の出身。

3階にある『草間 彌生』の常設展は『魂のおきどころ』なるスペースから始まります。
前衛的な作品に取り組む以前の初期の作品も見られます。
順路に従い、おなじみの水玉のカボチャのオブジェ群に行きつくと、ホッとしてしまいました。
そして『鏡の通路』なるドアを開けると、万華鏡の中に自分が連れ込まれたような感覚に。
『シャングリラの鏡』なるスペースまで万華鏡空間は続きます。
鏡による錯覚に水玉模様が加わり、草間ワールド全開です。
ドット・水玉偏執狂『草間 彌生』による異空間をしっかりと堪能しました。

留学生に感想を問うと、ひとこと「怖い・・・。」と。
当初の目的を忘れ私ばかり興奮していたのです。

冷静に見て、松本市美術館は素晴らしい施設・『ハコモノ』です。
信州をモチーフにした作家・作品に特化したことで、松本市にあるべき美術館となっています。
信州と言えども広いのですが、松本市周辺の信州に限定されています。
長野市のある北信のイメージは、あまりありません。

草間ワールドを堪能し、建築物としても興味深いですし、400円に設定された入場料も値打ちで、松本城や開智学校だけでない松本観光の目玉です。
お勧めします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。